close

2022.10.04

選手情報

〈フェデラーGS20勝プレイバック13〉不調からのターニングポイント! 2度目のグランドスラム5連覇達成/2008年USオープン [リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

フェデラーが獲得したグランドスラム20勝(全豪オープン6回、全仏オープン1回、ウィンブルドン8回、全米オープン5回)を一つずつプレイバック(写真は2008年USオープン)

2008年USオープン
グランドスラム2度目の5連覇!

9月23日、イギリス・ロンドンにて開催されたレーバーカップを最後に現役引退したロジャー・フェデラー(スイス)。フェデラーがこれまで達成したグランドスラム優勝20回(全豪オープン6回、全仏オープン1回、ウィンブルドン8回、全米オープン5回)を、当時の写真とともに振り返る。

※『テニスクラシック・ブレーク』2009年11月号別冊付録に掲載したものを再編集した記事になります

【動画】2008年USオープン決勝「フェデラー×マレー」をチェック!

【当時の画像】“BIG4”がベスト4に進出した2008年USオープンでのプレー写真はこちら

この2008年、最初のグランドスラム大会である全豪オープンでは準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、全仏オープンは決勝戦に進んだものの3年連続でラファエル・ナダル(スペイン)に敗退。そして、これまで5連覇を続けてきたウィンブルドンでも決勝戦でナダルに敗れ、芝の王者の称号まで失ったフェデラー。さらに追い打ちをかけるように、USオープン前の8月18日には、2004年2月から4年半守り続けてきた世界ランキング1位の座もナダルに奪われてしまった。

そうした状況を反映してか、このUSオープン序盤のフェデラーはテニスに精彩がなかった。1〜3回戦はストレートで勝ち上がったものの、4回戦の対イゴール・アンドリーブ戦は、第1、第4セットを奪われ、フルセットの末勝利。フェデラーは勝ったとはいえ、フラフラして力が入っていない感じで体のキレがなく、ミスする時はラケット1本分ぐらいアウトと、これまでからは想像できないほどの質が低いテニスだった。

そして、ハリケーンがニューヨークを通過するという予報のあった準決勝。対戦相手は、準々決勝で地元の英雄アンディ・ロディック(アメリカ)を下してきた絶好調のジョコビッチとなった。年頭の全豪オープンで負けているため、ここまでの調子の悪いフェデラーでは再び敗退する可能性は十分にあった。しかし、ハリケーンがそれまでのフェデラーの悪い雰囲気を吹き飛ばしたかのように、この準決勝時のフェデラーは体のキレがよく、ショットにも伸びと鋭さ、そしてコントロールが戻っていた。

ストロークで十分に展開した後チャンスボールを叩いてネットで決める、というオールラウンドに展開し、相手にプレッシャーをかける強いフェデラーが復活して、第1セットを6-3でフェデラーが先取する。それでも第2セットは、この試合でフェデラーに勝ち、決勝にも勝って優勝するとフェデラーを抜いて世界ランク2位になるジョコビッチが粘りを見せ7-5で奪取。だが、調子を戻したフェデラーのリズムについていくのは簡単ではない。第3セット以降はフェデラーが常に主導権を取り続け、2セットを連取し勝利した。

こうして調子を取り戻したフェデラーと決勝で顔を合わせたのは、グランドスラム決勝初進出のアンディ・マレー(イギリス)。マレーは雨で途中中断となったため2日間にわたって行われた準決勝で、過去5戦全敗と苦手だったナダルを下して勝ち上がってきていた。

これまでの雨のため日程がずれ、1987年以来の月曜開催となった男子決勝戦。2人は過去3戦し、2勝1敗でマレーがリードしていたのでフェデラーの苦戦も予想されたが、すでにかつての強さを取り戻していたフェデラーは、ファーストセット2-2から6ゲームを連取。セカンドセットも5-5から7ゲームを連取して、続けて第3セットも5-0と一方的にリードする。その後、マレーが意地を見せ2ゲームを取ったものの、結局、最後はフェデラーがマレーのサーブをブレークし、6-2でゲームセット。

これでフェデラーはUSオープン5連覇を達成。すでにウィンブルドンでも5連覇を達成しているため、グランドスラムで2度5連覇を達成した初のプレーヤーとなった。

【2008年USオープン/フェデラーの試合結果】
決勝/対A.マレー(イギリス) 6-2 7-5 6-2
準決勝/対N.ジョコビッチ(セルビア) 6-3 5-7 7-5 6-2
準々決勝/対G.ミュラー(ルクセンブルク) 7-6(5) 6-4 7-6(5)
4回戦/対I.アンドリーブ 6(5)-7 7-6(5) 6-3 3-6 6-3
3回戦/対R.ステパネク(チェコ) 6-3 6-3 6-2
2回戦/対T.アルベス(ブラジル) 6-3 7-5 6-4
1回戦/対M.ゴンザレス(アルゼンチン) 6-3 6-0 6-3

【次の記事】〈フェデラーGS20勝プレイバック14〉初の全仏オープン・タイトルを獲得! 史上6人目の生涯グランドスラム達成/2009年全仏オープン [リバイバル記事]



【前の記事】〈フェデラーGS20勝プレイバック12〉前年に続き2年連続で、年間3つのグランドスラム・タイトルを獲得!/2007年USオープン [リバイバル記事]

【関連記事】フェデラーのテクニックを解説した記事一覧はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=テニスクラシック

注⽬の記事PICK UP