close

2022.10.17

選手情報

ルブレフ、22歳のコルダを下して今季ツアー4勝目! 3年連続のツアー最終戦出場へ向け「ここでタイトルを獲ることは僕にとって重要」[ヒホン・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ルブレフ、コルダに快勝で今季ツアー4勝目

現地10月16日、「ヒホン・オープン」(スペイン・ヒホン/ATP250)シングルス決勝が行われ、第1シードのアンドレイ・ルブレフ(世界ランク9位)が、セバスチャン・コルダ(アメリカ/同47位)を6-2、6-3で下し、今季4勝目を挙げた。

【動画】ルブレフの豪打が炸裂! 決勝ハイライト

今大会、2回戦から登場したルブレフは、初戦でイリヤ・イバシュカ(同70位)をフルセットの接戦で下すと、準々決勝でトミー・ポール(アメリカ/同30位)、準決勝で元世界ランク3位のドミニク・ティエム(オーストリア/同165位)を下し、4月のATP250ベオグラード大会以来となる決勝に進出。過去1勝0敗としている22歳のコルダとの決勝を迎えた。

試合は開始からルブレフがパワフルなストロークでコルダを押し込む展開。第4ゲームで先にブレークに成功する。4-2の第7ゲームでは、コルダにブレークポイントを握られたものの、守りに入らず攻め抜いてキープ。第8ゲームで2度目のブレークに成功し、6-2で第1セットを奪う。

第2セットでは、コルダのファーストサーブ確率が落ちた第6ゲームで一気に攻撃を重ねてブレークに成功し、コルダにサービスゲームを破られることなく、6-3で締めてストレートで快勝。ATP250マルセイユ大会、ATP500ドバイ大会、ATP250ベオグラード大会に続いて、今季4勝目を挙げた。

ATP公式サイトでは、ルブレフのコメントが掲載。「本当にうれしいし感謝している。タイトルを獲るということは常に特別なこと。すべての選手がタイトルを獲るために大会でプレーしているからね。ここでもう一つタイトルを獲ることは、僕にとって本当に重要なことなんだ。ツアー最終戦に向けて戦っているからすべての週が重要だ」と述べている。

ルブレフは、ツアー最終戦のレースランキングで6位。5位のダニール・メドベデフ(同4位)とは115ポイント差に迫っており、7位のフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同10位)に375ポイントの差をつけて、3年連続のツアー最終戦出場圏内にいる。

今週、大会の出場はなく、来週のATP500ウィーン大会とATPマスターズ1000パリ大会で出場権を獲得できるだろうか。

※ランキングは10月10日付のもの

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP