close

2022.10.17

選手情報

錦織圭、12年6ヵ月ぶりにランキング圏外に。昨年10月から1年以上公式戦出場なし

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、1年以上出場なくATPランキング圏外に

10月17日、ATPランキングが更新され、前週759位につけていた錦織圭(ユニクロ)のポイントが失効し0ポイントに。約12年6ヵ月ぶりにランキング圏外となった。

【画像】錦織圭が男子ツアーで見せたスーパーショット集

今年12月で33歳を迎える錦織は、昨年10月のATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会を最後にツアーから離脱。今年1月に左股関節の手術を受けて現在も復帰することができていない。ATPランキングは、過去52週に出場したグランドスラムやATPツアーなど19大会での成績をもとに決定される。そのため、錦織が同大会で手にした25ポイントが今週更新のランキングで失効することとなった。

錦織は2008年2月にツアー初優勝を果たし、翌年に56位を記録したが右肘を故障。1年近くツアーから離れていたため2010年4月にランキング圏外となっている。今回は、その時以来、約12年6ヵ月ぶりにATPポイントがなくなった。

今月5日には、「楽天ジャパンオープン」(東京・有明/ATP500)で行われたイベントにオンラインで出席し、「もどかしい日が続いていますね。治りそうだったり、また痛みが出てしまったりというのがずっと続いていて、他の箇所にも(痛みが)出てきたりしている」と復帰が難航していると告白。

「僕も早く出たい気持ちはあるが、まだ先が見えない。1ヵ月後とかにアメリカとカナダのチャレンジャーを予定はしているが、今のところ自分の中でもわからなくて、(今シーズン)もしかしたら試合にまったく出られない可能性もある。模索中で、まだ決定はしていない」と復帰時期も未定であるとした。

ランキング圏外からのスタートだった2010年シーズンは、ツアー11大会に出場した一方で、チャレンジャー大会も8大会に出場。4度の優勝を飾り、シーズン終了時には100位を突破している。

自身でも「なるべく焦らないように。気持ちが先行して、メンタルが疲れちゃってというアップダウンが最近は多いので、なるべくリラックスしながらやるようにしている」と語っているように、まずは怪我をした部分をしっかり治し、着実な復帰を遂げてもらいたい。

なお、1年以上復帰にかかっていることで、プロテクトランキング※を使用して出場できる大会数が12大会あるいは同ランキングを使用できる期間が12ヵ月となっている。

※プロテクトランキング=負傷により6ヵ月以上、競技に出場しない選手に与えられる救済措置。最後の大会から3ヵ月間の平均ランキングをプロテクトランキングとし、復帰後にそのランキングを使って大会にエントリーすることができる。なお、ワイルドカードでの出場は含まれない。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP