close

2022.11.15

選手情報

ルブレフ、メドベデフとの激闘を制しツアー最終戦白星スタート「ドラマチックな試合だった」[Nitto ATPファイナルズ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ルブレフ、同胞メドベデフとの競り合いを制し初の決勝トーナメント進出へ前進

現地11月14日、男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イタリア・トリノ)予選のレッドグループ第1戦が行われ、第6シードのアンドレイ・ルブレフ(世界ランク7位)が、第4シードのダニール・メドベデフ(同5位)を6(7)-7、6-3、7-6(7)のフルセットで下し、初の決勝トーナメント進出へ白星スタートを決めた。

【動画】”野獣”ルブレフの豪打が炸裂!&マッチハイライト

同大会は、年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。4名ずつのグループで予選を行い、上位2名が決勝トーナメントに進むことができる。ルブレフは、2020年に初出場を果たし過去2大会はいずれも予選敗退を喫している。

初の決勝トーナメント進出へ向け、初戦の相手となったのは同胞のメドベデフ。2020年大会の優勝者で昨年も準優勝しており、ツアーで1勝4敗と苦戦している相手だ。

しかし、この日の試合では試合序盤からルブレフがフォアハンドを軸に攻撃を展開。第4ゲームでブレークに成功し、主導権を握る。それでも、バックハンドにボールを集められ勢いを止めるられると、第9ゲームでブレークバックを許す。ルブレフは果敢に攻撃を続けて、タイブレークでも6-2とリードしたが、計7度のセットポイントを取りきれず。第1セットを6(7)-7で落とした。

タイブレークを取りきれなかったルブレフは、イライラを見せたが、「僕はメンタルの部分を向上させるのが大変で、一番時間がかかるタイプ。でも、それを改善しつつあるよ」と、第2セット以降も攻撃的なプレーを継続。メドベデフのサービスゲームを2度破って第2セットを6-3で奪い返すと、最終セットは第1セット同様にタイブレークに突入。6-3から追いつかれはしたものの、7-7でミニブレークし5度目のマッチポイントで試合を決め、2時間31分の激闘を制した。

試合後、ルブレフ「(第1セット)5-2から追い上げられて7度のセットポイントを握ったのに1セットダウンとなって、そのような試合で勝ったことがないから間違いなくドラマチックな試合だよ。これまで多くのトップ選手に勝ってきたけど、いつもストレートで勝つか、第1セットを取ってからフルセットで勝つかだった。このようなシナリオは初めてだよ」と喜びをあらわにした。

現地16日に第2戦が行われ、ルブレフは直接対決で1勝1敗のノバク・ジョコビッチ(セルビア/同8位)と対戦。2021年の「Nitto ATPファイナルズ」では3-6、2-6で敗れているものの、今年4月に行われたATP250ベオグラード大会では6-2、6(4)-7、6-0で勝利している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP