close

2020.07.10

メーカーズボイス

振りきってもコントロールできるパワー系モデル ダンロップ「FX」シリーズが新登場!

ダンロップは、新たなフレーム形状や構造、素材を採用しパワーと柔らかさを兼ね備えた新ラケット「FX」シリーズ5機種を発表。8月7日より発売することを明かした。

同ラケットは、思い切り振ってもコントロールできるラケットを目指し開発。パワーを自在に使いこなすため、パワーとコントロール、そして打球感の3つの側面から性能アップを図ったという。

特徴は、“新形状”“新構造”“新素材”のフレームを採用していること。

“新形状”のラウンドフレーム「パワーブーストフレームジオメトリー」で、パワーとコントロールの両立を図り、“新構造”のグロメット下に設けた溝「パワーブーストグルーブ」が、反発性の向上とスイートエリアの拡大をもたらしてくれる。加えて、高伸縮性、高反発性を持つ“新素材”「フレックスタッチレジン」をスロート部に採用することで、ダンロップならではの柔らかい打球感と優れた弾き感を実現。パワーとともに、コントロール性やフィーリングを高め、全力で振りたくなるようなラケットを追い求めたという。

同社は、テニスを構成する要素として、「コントロール」「スピン」「パワー」の3つであると定義。これまでコントロールの「CX」シリーズや、スピンの「SX」シリーズを完成させてきた。そして今回、パワーを追求した「FX」シリーズを発売することで、より多くのプレーヤーのニーズを満たすこととなるはずだ。