close

2020.07.25

選手情報

強さの秘密!? 年間172kgのフルーツを食べるナダル

人間は正しいルーティンを
持つ必要がある!

ウェブサイト「TENNIS WORLD USA」は、ラファエル・ナダル(スペイン)のインタビューを掲載。その中でいかにルーティンが大切かを説いている。

「人間は正しいルーティンを持つ必要がある。常に同じことを繰り返す必要があるんだ」とナダル。「私はいつも、きちんとやっている。重要だと思うことについては特にね。テニスの試合をする前にも、何年も同じルーティンをやっている。これは私にとって大事なことなんだ。毎日、繰り返すことによって、自信、そして静けさを得られる。だから、本当に最善を尽くそうと思えるんだ」

ナダルの典型的なルーティンは、日に3度シャワーを浴びること。念のため、2つのアラームをセットして毎朝、同じ時間に起きる。そしてアスリートとしてのキャリアを伸ばすために、食生活にも気を遣っている。特徴的なのは、試合後、練習後に本当に多くのフルーツを食べるということ。なんと、年間172kgのフルーツを食べているのだという。加えて、体のためにフィジシャン(理学療法士)から、年間568時間というケアを受けているのだとか。

ナダルの活躍の裏には、フルーツあり。マネをしてフルーツを食べてみたらテニスも上手くなる…かもしれない。

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED