close

2020.04.16

選手情報

ツォンガが残りのキャリアについて言及 「もう体が言うことを聞かない」

世界ランキング49位のジョー・ウィルフリード・ツォンガ(フランス)が、自身のSNSでライブチャットを配信。自らの残りのキャリアが残り少ないことを明かした。

2018年にヒザの手術に踏み切ったツォンガ。復帰後もなかなか勝ち星を挙げることができず、一時は世界ランキングも262位まで下降。しかし、持ち前のパワフルなフォアハンドや強力なサーブを武器に、昨シーズンは2勝を挙げて29位まで上昇していたのだが。

4月17日に35歳を迎えたツォンガは、「もう35歳になるが、体がもう言うことを聞かなくなっているよ。自分のキャリアにどう終止符を打つかについてたくさんの問題がある。ツアーが再開するときにトップに入れるようにしないといけない」と語った。

いずれにせよ、多くの時間は残っていない。一試合でも多く、彼のプレーが見られることを願うばかりだ。

写真=石塚康隆(NBP)

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録