close

2020.04.20

選手情報

新型コロナウイルスのワクチン接種にジョコビッチが「反対」とコメント

4月19日、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ツアー再開時に選手がワクチン接種を義務付けられることに“反対だ”だと、自身のフェイスブックのライブ配信で語った。

先月、元世界ランキング1位で2度のグランドスラム優勝を誇るアメリ・モウレスモ(フランス)は、自身のツイッターで「ノーワクチン=ノーテニス」と投稿。選手がワクチン接種を受ける前にツアーを再開すべきでないと発言した。

それに対し、ジョコビッチは「個人的には、私は予防接種には反対だ。世界を回るためにワクチン接種を強制されたくない。もし、義務化されたら、私は決断しなければならない」と、拒否する意向を表明。さらに、「現実的にありえないが、ツアーが7~9月に再開するとなれば、厳しい検疫があるだろうし、何よりワクチンがまだないんだ」と、早期のツアー再開に疑念を呈した。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma