close

2020.08.04

選手情報

“王者”超えを虎視眈々と狙うメドベデフ USオープン優勝なるか!?

破竹の6大会連続決勝進出
メドべデフの季節がやってくる!?

8月22日、待ちに待ったATPツアーが開幕する。
約5ヵ月前の3月18日、ATPとWTA、ITFは、収まる気配のない新型コロナウイルスの流行により、ツアー中断を決定。それが7月末まで中断が延長され、6月半ばに代替スケジュールが発表された。
グランドスラムの中で最も歴史のあるウィンブルドン、日本での大会も数多く中止となってしまったことは残念だが、ツアーの再開は、テニスファンにとって待望であったことに違いない。

男子ツアー再開初戦の「ウエスタン&サザン・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/ATP1000)には、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)やラファエル・ナダル(スペイン)、ドミニク・ティエム(オーストリア)らトップ10プレーヤーのうち7名がエントリーとなった。もちろん、右ヒジの治療のため、昨年のUSオープン以来のツアー復帰となる錦織圭(日清食品)の存在も忘れてはならない。

そんな中、虎視眈々と上位進出を狙うのが、世界ランキング5位のダニール・メドベデフ(ロシア)である。

昨年、メドベデフはUSオープン前哨戦の「シティ・オープン」から6大会連続で決勝に進出。シンシナティと上海(ATP1000)、サンクトペテルブルク(ATP250)でタイトルを獲得(これでランキング4位に)。しかし、初めてのグランドスラム決勝だったUSオープンでは惜しくも準優勝だった。
7月24日、ATP公式サイトでメドベデフは「ここ数年、テニスに人生を捧げてきた。今よりもっと良くなって、多くの試合で勝ちたい」と“世界最高のプレーヤーになりたい”という趣旨のコメントをしている。
ツアー再開前、エキジビションマッチも出場していないメドベデフにとって、前哨戦での戦いでUSオープン優勝に向けて、大きな弾みをつけたいところだろう。

憧れの存在を超えられるか
この2ヵ月の戦いに注目が集まる

今シーズンはメドベデフにとって、“王者”を超えるチャンスでもある。

かつて、「ロジャー(・フェデラー)を超えることは、子供のころに夢を見ていたこと」と語っていたメドベデフ。現在のランキングで彼の一つ上、4位にそのフェデラーがいる。USオープン後に控えるクレーコートシーズンの結果次第では、“フェデラー超え”に現実味が帯びてくる(昨年の「マドリード・オープン」「イタリア国際」「全仏オープン」では、1回戦敗退しており、その可能性は大きい)。

クレーコートシーズンに勢いを持って臨むためにも、アメリカ・シリーズでの戦いも重要となることはもちろんである。まずは昨年のUSオープンで味わった悔しさを晴らせるか、そして憧れの“フェデラー超え”を実現させることができるか。
8月、そして9月のメドベデフの戦いに注目が集まることだろう。

※今年のATPツアーのランキング制度は、一時的に変更され、2019年3月~2020年12月までの22ヵ月間で上位成績18大会のポイントが反映されることとなった。しかし、昨年と今年で同じ大会が重複した場合は、より良い結果を採用することとなる。
つまり、昨年「ウエスタン&サザン・オープン」を優勝しているメドベデフが今年優勝してもポイントの加算はされない。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma