close

2020.08.12

選手情報

世界1位のジョコビッチが同胞とともにダブルスにエントリー

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、8月21日に再開される「ウエスタン&サザン・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/ATP1000)で同胞のフィリップ・クライノビッチとペアを組んでダブルスにエントリーしたことが明らかになった。

新型コロナウイルスの影響により、3月12日にツアーが中断。6月中旬には、ジョコビッチは自身の主催で「アドリア・ツアー」(エキジビションマッチ)を行ったが、新型コロナウイルスに感染。以後、休養を経てトレーニングに励んでいた。
同大会でダブルスにエントリーする理由は、遠ざかっていた実戦感覚を取り戻すためと考えられる。また、同大会に単複で出場するとなれば、第1シードのシングルスより早くダブルスで実戦復帰となる可能性が高い。スムーズにシングルスもプレーすることができるだろう。

クライノビッチとは、2014年のATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会で初めてペアを組み、これまで5大会に出場。昨年の「上海マスターズ」(中国/ATP1000)では、1回戦で同年の全仏オープン優勝ペアのケビン・クラビーツ/アンドレアス・ミース(ドイツ)をフルセットで破り、金星を挙げている。

ダブルスでリズムを掴み、最高のスタートを切ることができるか注目だ。

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka

関連する記事RELATED