close

2019.06.28

メーカーズボイス

“#革命の続き”がベールを脱いだ! クラッシュ 98 /クラッシュ 100L / クラッシュ 108

「クラッシュに追加モデル登場!」6月1日、ウイルソンは公式サイトでビッグニュースを発表した。「CLASH(クラッシュ)」の追加モデルの発売を明らかにしたのだ。これこそSNS上を騒がせていた“#革命の続き”である。待望の・・・と言う人も多いだろう。2019年ラケット大賞なるものがあったら、まちがいなく受賞するのがクラッシュのはず。今年2月の発売は、それほど衝撃的なデビューだった。先月お伝えしたとおり、高い販売数を誇っていることこそ、衝撃の証明と言えるだろう。



なぜ“衝撃”と言うのか。まずフレームが柔らかいラケットは通常「フィーリング・柔らかさ」の面で秀でている。一方、フレームが硬いラケットは「パワー・コントロール」に秀でている。 ウイルソンが日本を含む世界で行った調査によると、プレーヤーが求めるのは「フィーリングとコントロール」。フレームの硬度と性質を考えると、双方を一緒にすることは不可能・・・だったのだが、ウイルソンはそれを実現してしまう。スロートに用いた「ステイブル・スマート」テクノロジーなど、5つの特許技術によって実現不可能なものを作り上げたのだ(フレックスはウッドラケット並みなのに、トルク[ねじれに対する強さ]も現存のラケットで最高クラス)。押せばしなるほどに柔らかいのに、コントロール、フィーリングだけでなく、パワーといった性能も素晴らしいクラッシュ100、クラッシュ100 ツアーはいずれも大ヒットとなり、シリーズ化のリクエストも絶えなかった。



今回、発表となったのは3モデル。98平方インチの「クラッシュ 98」、100平方インチで軽量な「クラッシュ 100L」、108平方インチの「クラッシュ 108」である。


「クラッシュ 98」は、ステイブル・スマートがやや小さめになっている。フレーム厚は、クラッシュ 100より0.5 mm薄めの23.5mmにすることで、フィーリングがさらにUP。加えて、フェイス中心部分を細かくしたデンス・ストリングパターンによってコントロール性も高くなっている。よりハードに打ちたい人に、オススメのモデルである。

CLASH(クラッシュ) 98
¥32,000(税抜き) フェイス面積: 98 sq. inch レングス: 27.00inch Av.ウェイト: 平均310g Av.バランス: 平均30.6cm フレーム厚: 23.5/23.5/23.5mm
グリップ・サイズ: G2,G3 ストリング・パターン: 16x19 適性テンション: 50-60p


「クラッシュ100L」は、より多くの人が興味を持つかもしれない。100Lとあるとおり、ウェイトは280gとクラッシュ 100より15g軽量となっている。その分、速くスイングできる可能性が高くなるわけで、バランスポイントトは平均31.5cmという設定に。フィーリングよし、コントロールよし、軽い分、スイング速度が上がり、パワーも出るモデルだ。

CLASH(クラッシュ) 100L
¥32,000(税抜き) フェイス面積: 100 sq. inch レングス: 27.00inch Av.ウェイト: 平均280g Av.バランス: 平均31.5cm フレーム厚:24.0/24.0/24.0mm
グリップ・サイズ: G1,G2 ストリング・パターン: 16x19 適性テンション: 50-60p


そしてラージサイズ・モデルの「クラッシュ 108」は、フェイスサイズの分+レングスが27.25cmとわずかに長くなっている分、パワー面でプラスとなっている。CLASHならではのしなりがあるので、厚ラケ特有の打球感(金属的なキンという感じ)が苦手な人に持って来い。こちらはステイブル・スマートがやや大きめ、加えてヨーク部(フェイス部6時部分)にグルーブが入っているなど、かつてないラージサイズ・モデルと言ってもいいいだろう。

CLASH(クラッシュ) 108 
¥32,000(税抜き) フェイス面積: 108 sq. inch レングス: 27.25inch Av.ウェイト: 平均280g Av.バランス: 平均33.5cm   フレーム厚: 24.0/24.0/24.0mm
グリップ・サイズ: G1,G2 ストリング・パターン: 16x19 適性テンション: 50-60p



注目したいのは、3モデルすべて、クラッシュ 100、クラッシュ 100 TOURと同じフレックスということ。固定して手で押したらしなる、あの実験が同様にできる柔らかさであり、同じトルクなのだ。  プレーヤーのニーズによって誕生したクラッシュシリーズの新たな仲間たち。「#革命の続き」は、またも衝撃を与えることになるだろう。 


★[Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]