close

2019.06.28

メーカーズボイス

クラッシュ待望の3モデルはどんなラケットか!? 一足早くテニスクラシック編集部が試打!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

2月に発売されたクラッシュ100、100TOURは衝撃だった。そのスゴさについては、すでにご存じの方も多いはず。共存しないと言われてきた【硬く、しならないラケットの特徴<パワー&コントロール>】と【柔らかく、しなるラケットの特徴<フィーリング>】を特許技術によって融合させてしまった。ウッドラケット並みのしなりと現代ラケットで最高クラスのねじれにくさ…それが共存するラケットだ。


ウイルソンいわく、「柔らかいけど、ブレない。ブレないけどしなる。しなるけど、面の安定性が高い、コントロール性が高い」。これまで存在しないラケットだったのだから、その打ち味も初めて味わうもの。まだ打っていない人は、ぜひ一度試打していただきたい。未体験の感覚を味わってほしい。

そして、その第2弾がついに発売となる!!“#ウイルソンの革命の続き”として、SNS上を騒がせていた「クラッシュ 98」、「クラッシュ 100L」、「クラッシュ 108」の新しい3モデルは、いかなる打ち心地なのか!? 編集部試打コンビ(広)&(川)が、いち早く試打をしてみた!

クラッシュ
試打インプレッション

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録