close

2019.02.21

メーカーズボイス

極秘プロジェクトレポート②  現実では“ありえないこと”を覆した! 『#ウイルソンの革命』『クラッシュ』

『基本的にありえないこと』をウイルソンの技術力が覆す

前回ご紹介した「極秘プロジェクトREPORT①」では、「フィーリング・柔らかさ」と「パワー&コントロール」こそが、相反するものだということ。そして、相反する「フィーリングとコントロールを兼ね備えたラケット」こそ、日本を含む、世界のプレーヤーが求めているラケットであるということが判明したとお伝えした。
しかし、フィーリングのためには柔らかいフレームがよく、コントロールのためには硬いフレームがいいのだから、普通に考えれば実現は困難。しかし、錦織圭選手の言葉から“疲れないラケット(=カウンターベイル採用で筋肉疲労につながる振動を軽減)”を開発したのと同様に、ウイルソンは、その“ありえないもの”の研究に取り組み、答えを導きだしてしまう。


相反する要素を実現するためのテクノロジーなのだから、既存のテクノロジーでは実現しえない。ウイルソンは「5つもの特許技術」を開発し、複合させることで、≪奇跡のラケット≫を生み出したのだ。それこそSNSで話題となっていた「#ウイルソンの革命」である。

その特許技術を説明していこう。まずは、スロート部分に採用した特許技術「ステイブル・スマート」テクノロジーだ。
 柔らかくしなるラケットがコントロールしづらいのは、“ねじれ(面ブレ)”が生まれやすいから。それを極限まで抑制するため、スロート部を複雑な多角形型にデザインしているのが、同テクノロジーの特徴である。これにより、柔らかいフレームでも安定感を生みだすことになる(=面ブレが最小限になる)。


それでは、皆に感動を与えるようなしなりはどう実現させるのか? 主にラケットの素材となるカーボンが、硬いことは誰もが知っている。ところが、カーボンマッピング技術を生かした「フリーフレックス」テクノロジー(これも特許技術)によって、カーボンにしなりを与えることに成功したのだ(カーボンマッピング技術とは、カーボン繊維の特殊な織り方のこと。それによりカーボンの硬度を変えることができる)。

これらの特許技術によって出来上がったのが、「ウッドラケットよりも柔らかいのに、面ブレを引き起こすたわみ、ねじれを極限レベルに抑えたラケット」である(両特徴を兼ね備えたラケットの特許もウイルソンが取得している)。


上の表は、「しなり」と「ねじれ」の計測数値をグラフ化したもの。上に行くほどしなり、左に行くほどねじれることを表している。最も左上にある黄色い“”は、ウッド(木製)ラケットのウイルソン「JACK KRAMER」(現代ラケット以上にしなるが、ねじれ=面ブレが大きい)。今回の新商品「CLASH」は、ほかのラケットが位置していない右上の赤い。説明すると、ウッドラケット以上にしなり、非常に捻じれにくい数値ということ。このグラフ上でも、従来のラケットとは、まるで違う性質のものであることを伺い知ることができる。

未体験の「しなり」と「デュエルタイム」
その打球感は『奇跡』と言うべきもの

実際に、ボールを打ったらどんな効果が表れるのだろうか!?  最大の特徴は2つ。「ウッド並みのフィーリングと柔らかさ」、「長時間のデュエルタイム(ボールがストリングに乗っている時間が長い)」を感じることができる。まるでストリングにボールがくっついたようなイメージで、狙いどおりにボールを運ぶような感覚を味わうことができるはずだ。その心地よさは、感動級と言うべき。一方で、弾ける打球感が好みだいう方は、違和感を抱くかもしれない。


例えるなら、「中厚ラケット並みの安定性(面ブレが起きない)&コントロール性を発揮する、ウッド以上にしなるラケット」。既存のシリーズで表現するなら、“フレックス(柔らかさ)とフィーリング”はBLADE似、“パワーとコントロール”はULTRA似。両ラケットのメリットだけを兼ね備えたモデルと言える。

さて、しなりについて、驚くべき動画をお見せしたい。



現代のラケットで、これほどしなるものは、もちろん存在しない(数値でもわかるとおり、ウッド以上にしなるわけだから世 界初と言ってもいい)。
コスメは、ウイルソンがロジャー・フェデラーと創り上げた「アンコンタミネイテッド・デザイン(汚染されていないデザイン)2.0」。ダークカラーをベースに、サイドがライトグレー、トップにオレンジというカラーリングとなっている。
フェイスサイズは、100平方インチ。シリーズは295gの「CLASH 100」、310gの「CLASH 100TOUR」と2モデルが用意されている。

「心地よいフィーリング」、「最高の柔らかさ」、「驚くほどの安定性」「圧倒的なパワー」、そして「精緻なコントロール性」、奇跡のラケットの誕生。CLASHは、従来のラケットは異なるもの。だからこそ、まずは一度打ってみたい。革命のラケットを、あなたがどう感じるか、我々も楽しみでならない。




CLASH 100
¥32,000(税抜き)
フェイス面積: 100sq.inch/レングス: 27.0inc/Av.ウェイト: 295g/Av.バランス: 31.0cm/フレーム厚: 24.0mm/グリップ・サイズ: G1,G2,G3/ストリング・パターン: 16×19/適正テンション: 50-60p ※2月15日発売予定



CLASH 100TOUR
¥32,000(税抜き)
フェイス面積: 100sq.inch/レングス: 27.0inch/Av.ウェイト: 310g/Av.バランス: 30.6cm/フレーム厚: 24.0mm/グリップ・サイズ: G2, G3/ストリング・パターン: 16×19/適正テンション: 50-60p ※2月15日発売予定

★[Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]

関連する記事RELATED