close

2020.09.25

選手情報

ツアー再開初戦で単複優勝! 車いすテニス・田中愛美選手が仏で好発進!!

9月16日~22日、フランスで開催されていた車いすテニスの国際大会「トヨタ・オープン・インターナショナル・イルドゥレ」(ITF2)にて、田中愛美(ブリヂストンスポーツアリーナ)が単複優勝を成し遂げた。

シングルス、田中は準々決勝で元ランキング1位にしてリオ・デ・ジャネイロ・パラリンピック単複金メダリストのイスカ・グリフォン(オランダ)を6-4、4-6、7-5とフルセットで勝利。すると準決勝のカタリナ・クリューガー(ドイツ)に6-1、6-1で勝利して決勝へ。その決勝でも、ミカエラ・スパーンストラ(オランダ)を相手に7-5、7-6(3)で勝利。優勝を決めた。

田中は、高室冴綺(所属:スタートライン)と組んだダブルスでも優勝。単複優勝を成し遂げた。

田中は「ツアー再開初戦で緊張もありましたが、無事に単複優勝で終えられてとてもうれしいです。これから少しずつ大会が増えてくると思うので、東京パラリンピックに向けて一戦一戦大事にしていきたいともいます。応援ありがとうございました」とコメント。高室も「ダブルスで優勝を飾ることができて、とてもうれしいです。久々の公式戦だったので不安もありましたが、パートナーである田中選手やコーチ、私をサポートしてくださっている方々に支えられ優勝をすることができました。これからの大会も良い結果で終わることができるように頑張ります」と喜びを語った。

なんとブリヂストンとギア使用契約を結んでいる両者での優勝となった(使用ギアは下記の通り)。

<田中選手使用ギア>
ラケット:「BRIDGESTONE X-BLADE Rs270」(プロトタイプ)、ストリング: Tecnifibre、バッグ・ウエア: BRIDGESTONE

<高室選手使用ギア>
ラケット:「BRIDGESTONE X-BLADE RZ300」、ストリング:Tecnifibre、バッグ:BRIDGESTONE、ウエア:BRIDGESTONE

※ギアは変更となる可能性あり

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

取材協力:ブリヂストンスポーツ