close

2020.10.09

大会情報

【全仏オープン】男子18選手!! ラケット調査!

やっぱりテニスはおもしろい! と再認識させてくれた全仏オープンもあと数日を残すのみ。そんな中で特別企画、男子選手を対象にラケット調査を実施した。ウイルソン編、バボラ編、ヘッド編、ヨネックス編と分けてご紹介する!

18選手の写真はこちら!



【関連記事】優勝シフォンテクのラケットをはじめ【女子編】はこちら!
【関連記事】<全問解かる!?>全仏2020シルエットクイズ【特別企画】

Wilson<ウイルソン>


Kei Nishikori

■錦織 圭(日清食品)

▶︎ウルトラツアー95CV V3.0 /ULTRA TOUR 95CV V3.0
★自身のシグニチャーモデルと言っても過言ではないウルトラツアー95CV、その2020年版コスメを使用中。ストリングは縦にウイルソン「ナチュラル」、横にルキシロン「エレメント」を使用している。




Stefanos Tsitsipas
■ステファノス・チチパス(ギリシャ)

▶︎ブレード98 18×20 V7.0 /BLADE 98 18x20 V7.0
★バージョン7.0のブレードを使用。ストリングパターンは18×20、プロで最も使用されているラケットである。




Karen Khachanov
■カレン・カチャノフ(ロシア)

ブレード98 18×20 V7.0 /BLADE 98 18x20 V7.0
★一時はウイルソンから離れて、HEADと契約したが、使用した期間はわずか…。またウイルソンに出戻り。使い慣れた?ブレードを使用している。




Hugo Gaston
■ヒューゴ・ガストン(フランス)

ブレード98 16×19 V.7.0 /BLADE 98 16x19 V7.0
★★今大会で躍進を見せた一人。そのポーカーフェイスも魅力だが、ドロップショットの精度は芸術の粋! あの対戦がなかったらティエムももしかしたら…。BLADERながら16x19は珍しい




Pablo Carreno Busta
■パブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)

▶︎ブレード98 18×20 V7.0 /BLADE 98 18x20 V7.0
★USオープンでベスト4、全仏でベスト8と好調ぶりを見せたカレーニョ・ブスタは18×20のBLADEを使用。振動止めは、顔のイラストが楽しいポイント型のウイルソン「EMOTISORB DAMPENERS」。




David Goffin
■ダビド・ゴファン(ベルギー)

▶︎ブレード98 18×20 V7.0 RG /BLADE 98 18x20 V7.0 RG
★ボール、ストリンギングサービスなど、今年から全仏のオフィシャルサプライヤーになったウイルソン。その記念に作られたモデルでプレー。1回戦敗退はちょっと残念。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録