close

2020.11.14

選手情報

カナダの新星・シャポバロフがトップ10へ自信「誰とでも戦える」

ダイナミックなプレーでファンを魅了し続けているカナダの新星・デニス・シャポバロフ(カナダ)。そんな彼がすでに誰とでも対等に渡り合える自信を覗かせていることをテニスメディア『Ubitennis』が報じている。

【関連記事】ツアー再開から好調キープのシャポバロフの陰にコーチ、ユーズニーの支えあり!

今シーズンのシャポバロフはUSオープンベスト8、イタリア国際ではベスト4と安定した成績を残し続けていた。USオープン後には一時トップ10入りを決め、21歳にしてミロシュ・ラオニッチ(カナダ)以来の快挙を成し遂げた。直近では4連敗とシーズン終盤にかけて調子を落としてしまったが、世界12位の位置につけ、再びトッププレーヤーとしての地位を築く日も近い。

「自分はトップ10に限りなく近い存在だと思っているし、もし今年の終わりのその位置にいなくてもまた挑戦し続けるよ」と語っていたシャポバロフは、「すでに自分は誰とでもしっかりと戦えると思っている」と、力強いコメントを残している。今シーズンについては、「(終盤にかけて)疲れが出てしまって、フィジカル面でも少々問題があった。でもツアー再開後から全体的にはいいプレーができていたよ」と納得した様子で振り返っている。

コロナウイルス感染拡大により、2021年シーズンの計画は立っていないと明かしているシャポバロフ。通常通りであれば20年から新設されたオーストラリアでのATPカップやグランドスラムの全豪オープンからツアーがスタートするが、オーストラリア政府の決定により何らかの変更が加わる可能性もある。シャポバロフ自身も「世界中で一体何が起こっているのかよく分かっていないから、今の段階で予定を立てることはできない。プレーヤーたちに情報があまり流れてこないからプランを立てることが難しいんだ」と、コロナ禍での転戦の難しさを語った。

過去には世界2位のラファエル・ナダル(スペイン)を破った経験もあり、類まれなるポテンシャルを見せているシャポバロフだが、来シーズンは一体どのようなプレーを見せてくれるのか。テニスファンからも引き続き注目を浴びることだろう。

文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED