close

2016.04.20

メーカーズボイス

KAOSモニター真剣レポート発表 :: KAOSの実力はどうだったのか?

第2の皮膚「スキンガード」と
コンプレッション・フォアフット・サポートによる
新時代のフィット感とサポート性

KAOSの実力はどうだったのか?

 

コンプレッション・フォアフット・サポートが生む着圧効果によって足の自然な状態を維持することでサポートする、というまったく新しい発想で生まれたのが「KAOS」。今回は30名の方にモニターをお願いしたのだが、そのレポートを集計した結果を発表しよう。
 「KAOS」は人間の足にとって最も快適な状態は? という発想から、フランスのアウトドアブランドのサロモン社との共同開発で生み出されたモデルで、従来とはまったく違うアプローチで作られたテニスシューズだ。各種の補強パーツを何重にも組み合わせた従来型のサポート性能ではなく、最適な形状で配置された「スキンガード」とコンプレッション・フォアフット・サポートによる着圧効果によって、足の持つ機能を常に正しい形に導くことでパフォーマンスを最大限発揮させるモデルだ。結果として、極めて軽量ながら高いサポート力を発揮し、足を常に快適な状況に維持するというモデルに仕上がっている。



もちろん、ウイルソン・シューズ共通のしっかりとしたフォアフット・サポートで、動いた時の安定感も高く、ミッドソール全面に採用された軽量で弾性に優れた「ニューEVA」が、パワーロスのないフットワークを実現。スピード重視のプレーヤー向けのセッティングになっている。デザインと機能が融合したビビッドなルックシャルディスもポイントの一つだ。

先頃、フランスのパワーヒッター、ジェレミー・シャルディと使用契約も締結したというのがこの「KAOS」。さて、モニターの皆さんはどんなインプレッションを届けてくれているのだろうか?

KAOSモニター真剣レポート

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP

関連する記事RELATED