close

2020.12.22

選手情報

ナダルが引退への考えを明かす”その日が来ることを恐れずに前進したい”

引退恐れないナダル
「前を向いて前進したい」

世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)が、スペインのテレビ番組に出演し、自身の引退について触れ、それについて全く頭にないと完全否定。その上で”その日が来ることを恐れずに前進したい”と語った。

【関連記事】ATPアワードが発表! フェデラー、ナダル、ジョコビッチらが選出

今シーズン、全仏オープンで前人未到13度目の優勝し、グランドスラム20度目のトロフィーを掲げたナダル。テニス界で“史上最高のテニス選手”の呼び声高い、ロジャー・フェデラー(スイス)に並ぶ記録を残した。

インタビューでナダルは、来年6月で35歳を迎え、近づいている引退について自身の考えを口にした。
「僕はまだ前を向いて前進したいと思っているよ。その(引退する)日が来ることを恐れずにね」と、引退の二文字は自身の頭にないとコメント。
さらに、「僕にはテニス以外にも幸せになれることがたくさんあるし、それが引退したくないという緊張感を取り除いてくれる。だから自然に受け止めているよ」とテニス以外の楽しみがあることがプレッシャーから離れられる瞬間だとした。

これまでナダルにとって試練はいくつもあった。2009年には、ヒザのケガにより初出場から連勝中であった全仏オープンで初めて敗れた。また、2012年には、再びヒザのケガでロンドン五輪を欠場。シーズン後半を棒に振った。その後も手首のケガに悩まされ、度々ツアーから離れている。

そのことについてナダルは、「キャリアの中で多くの問題を抱えてきたのは事実だ。でも、常に成功してきたのも事実。時にコストのかかることをもあったが、医学的にもテニス的、メンタル的にも解決策は常に見つかっていたよ」と、一時的な問題であったとした。

2001年のプロ転向から様々な壁を乗り越えてきたナダル。プロ20年目を迎える来年はどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP