close

2021.01.06

大会情報

WTAがウィンブルドンまでの一部カレンダーを追加発表

コロナ禍も大きな変更なく
トップカテゴリーの4大会が開催

WTAは1月5日、今シーズンの暫定ツアースケジュールを更新し、開幕戦の「アブダビWTA女子テニス・オープン」から6月から7月に行われるウィンブルドンまでのカレンダーを発表した。

【関連記事】WTAアワードの受賞者が発表! 最優秀選手賞には全豪覇者のケニンが選出

昨年12月には、シーズン最初の7週間のカレンダーを発表していたが、今回追加したのは7月11日までの20週間。シーズン開幕戦からウィンブルドンまでのスケジュールが明らかとなっている。
現在のスケジュールは、新型コロナウイルスの影響でいくつか変更があったものの、3月中旬以降はこれまでと同じようなスケジュールに。全豪オープンや全仏オープン、ウィンブルドンの3つのグランドスラムに加え、WTAのトップカテゴリーにあたるWTA1000の4大会が開催予定となっている。また、昨年末に延期が発表された「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/WTA1000)は、シーズン後半に開催される代替案が検討されていると注釈が書かれている。

WTAツアーカレンダーの今後の更新は、中国・深圳で行われるWTAファイナルズも含め順次発表するとしている。

WTAは、昨年12月に約10年ぶりとなるロゴのデザイン変更を実施。大会カテゴリーの名称を変更。ATPと統一性を図るため、プレミアマンダトリーとプレミア5を統合し「WTA1000」に、プレミアを「WTA500」、インターナショナルを「WTA250」に改称している。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

タグ