close

2021.01.13

大会情報

全豪オープン予選3日目、ダニエル太郎、日比万葉が本戦へあと1勝!

(c)TENNIS AUSTRALIA

ダニエル太郎、日比万葉の
日本人2名が予選決勝進出!!

1月12日、今シーズン最初のグランドスラム、全豪オープンの予選2回戦が行われ、男子のダニエル太郎(エイブル)と女子の日比万葉(グラムスリー)が勝ち抜き、本戦出場まであと1勝となった。

【関連記事】全豪オープン予選2日目、添田豪、伊藤竜馬らが初戦敗退、日比万葉が2回戦へ

新型コロナウイルスの影響で開催地がオーストラリア・メルボルンではなく、男子がカタール・ドーハで、女子がアラブ首長国連邦・ドバイで行われている全豪オープン予選。1月11日の予選2日目を終え、2回戦には男子ではダニエル、女子では日比、内藤祐希(亀田製菓)、村松千裕(グラムスリー)が進んでいた。

予選3日目、男子では世界ランキング116位で第5シードのダニエルが同209位のマクシミリアン・マルテレル(ドイツ)に6-3、6-4とストレート勝利。2018年に自己最高ランキング45位を記録している相手に快勝した。これでダニエルは同大会2年ぶりとなる本戦出場に王手をかけた。

女子では、世界182位の日比が同245位のカタリーナ・ゲルラッハ(ドイツ)に対し、数多くのブレークチャンスを生み出し、計6度のブレークに成功。6-3、6-4のストレートで勝利を挙げ、2015年のUSオープン以来、約5年半ぶりとなるグランドスラム本戦の舞台へあと1勝に迫った。また、世界184位の内藤は、同187位のクロエ・パケ(フランス)に6-7(3)、2-6で、同211位の村松は同135位のアンナ・カロリーナ・シュミドローワ(スロバキア)に4-6、3-6で敗れている。

予選最終日となる1月13日では、ダニエルが世界204位のエリアス・イマー(スウェーデン)と、日比が同155位のカミラ・ラキモワ(ロシア)と対戦することとなる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録