close

2021.01.15

メーカーズボイス

世界が認めた本物のオーバーグリップ! ”超感覚ウェット”ボウブランド「BOW003」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

職人魂を持つボウブランドにとって
重要なのは「本物である」ということ

長い歴史を持ち、それに付随した文化を持っている。イギリスというのは、興味深い国だ。
昨年、EUから離脱ということになったが、元々イギリス人は“ヨーロッパの一国だという意識が低い”傾向にあるのだという。さまざまな理由があってのことだが、四方を海に囲まれているという立地的側面もあるだろう。日本と同様、“島国”というのは、文化の交流がしにくい。その一方で、独自の文化を生み出す特徴もある。伝統を重んじるという文化というのも、両国の共通項と言えるだろう。





今回、ご紹介するのは「ボウブランド(BOW BRAND)」のオーバー・グリップテープである。
その前に、皆さんは「ボウブランド」がどんなブランドかをご存知だろうか? イギリスに拠点を置く100年以上という歴史を持つ伝統のストリング・ブランドである。ナチュラル・ガットやウィンブルドンでオフィシャル・ストリンギングを長年務めるなど、テニスの歴史も長いのだが、何より同社が知られているのは、ハープの弦(ストリング)のメーカーとして。業界では7割強というシェアを持つブランドである。
テニス用のナチュラル・ガットは、ハープの弦で培った技術を生かして作られている。まず素材は地元スコットランドの牛の腸で、屠殺してから24時間以内のものしか使用しない。さらに腸の中でも、良質の部分だけを使うため、16頭分の腸から1張しかできないのだという。製品の1本1本に熟練した職人の目が行き届き、それを手造りで行う。頑固な職人ゆえだろう。残念だが、現在は納得できる原材料が入手できないため、テニス用ストリングの製造は中止となっている。これだけこだわりを持って作られているからこそ、知る人ぞ知る“本物のナチュラル”だという認知されているわけだ。





無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP