close

2021.01.13

選手情報

亡き父へ、デルポトロ「“諦めないこと”を実践していく」

ジュニア時代を共に過ごした父へ
デルポトロが感動的な言葉残す

1月13日、ATP公式サイトは元世界ランキング3位のファン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の父が63歳で亡くなったと伝えた。右ヒザのケガからの復帰を試みているデルポトロは、それを受けて「諦めないこと」を実践していくとSNSに綴った。

【関連記事】今年2度の手術を受けたデルポトロが右ヒザ完治のため再生医療へ踏み出す

獣医であるデルポトロの父親は、デルポトロが幼い頃からプロへの一歩を踏み出すまでアルゼンチンのトーナメントに付き添い、成長を一番近くで見守っていたという。
その父の死に対して、「あなたは僕たちを残して逝ってしまいました。しかし、傷心の私たちは、あなたが安らかに眠れる存在であると知っています。今、あなたはもう一人の天使に加わった。あなたにお願いです。私の母、妹、そして、私を見守っていてください」と綴ったデルポトロ。

「あなたは我々の唯一無二のチャンピオンです。私に価値観や誠実さを教えてくれ、自分を犠牲にして育ててくれました。テニス選手になるという不可能を夢を可能にしてくれてありがとうございます。あなたがいなくなった今、どうやって生きていけばいいのかわかりません。けれど、あなたが教えてくれた“諦めないこと”を必ず実践していきます。愛しています」と記し、再びコートに立つことを誓った。

一昨年6月以来、右ヒザのケガにより公式戦から遠ざかっているデルポトロ。昨年12月には、より完璧な形での復帰を果たすため、再生医療を取り入れた治療に踏み切り、徐々に症状の改善を図っていくとしていた。



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka

注⽬の記事PICK UP