close

2021.01.17

大会情報

本戦入り決定! ダニエル太郎がラッキールーザーで2年ぶりの全豪本戦決定

“コーちゃんパワー”で
全豪本戦入り!?

1月13日に行われた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン/グランドスラム)の予選決勝でエリアス・イマー(スウェーデン)に敗れたダニエル太郎(エイブル)がラッキールーザーで本選入りを決めた。

「(イマーが)試合中ずっと高いレベルを維持していたのには驚いた。自分のプレーは悪くなかったが、自分よりもさらに積極的にプレーして、ペースを掴めなかった」と試合後に語っていたダニエル。その言葉どお李、ラリーでは終始主導権を握られ、1-6、2-6と完敗を喫した。だが、本選に欠場者が出たことにより、予選決勝まで勝ち残っていたダニエルが繰り上がりで予選を通過した。なお、ダニエルが全豪オープンで本選入りを果たすのは2年ぶりとなる。

これに伴い、ダニエルは14日にツイッターで「さて、日本からコーちゃん(ダニエルのペット)にパワー送られてきたか全豪の本戦に入る事ができました!パンデミック中なのでいつもより選手が抜けるのは当たり前ですがラッキー」と綴り、ファンに向けて本選入りを報告した。これを見たファンからは「コーちゃんパワー効きましたね!」「コロナの時期に明るいニュース嬉しいです!」「本選頑張ってください!」など多くのコメントが寄せられ、いいね!の数も1000件を超えた。また、16日にもツイッターを更新し、開催地のメルボルンに無事到着したことを伝えている。

予選決勝後のインタビューで「100位以内に返り咲くこと」を目標に掲げたダニエル。「まずはしっかりと1つ1つの大会に臨んで、レベルを上げていきたい」と気持ちもすでに前向きだ。コロナ禍で開催されるだけに難しい状況であることは事実だが、トップ100入りを目指し、本選でもできるだけ多くの勝利を手にしたいところだ。

文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Kunihiko Yamaoka/NBP

関連する記事RELATED