close

2021.02.03

選手情報

杉田祐一はストレートで2回戦敗退。世界21位のサービスゲームを崩せず

コロナ明けの杉田、オジェ・アリアシムの牙城崩せず

2月3日、「マレー・リバー・オープン」(オーストラリア・メルボルン/ATP250)の2回戦が行われ、世界ランキング104位の杉田祐一(三菱電機)が第3シードで世界21位のフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)と対戦。3-6、1-6のストレートで敗れた。

【写真】全豪オープン前哨戦を戦った杉田祐一

昨年12月、練習拠点をセルビア・ベオグラードに移した杉田。今年1月には、新型コロナウイルスの陽性反応を示しており、今大会は昨年11月以来の公式戦。その1回戦では、世界206位のクエンティン・アリス(フランス)を3-6、7-6(3)、7-5のフルセットで勝利し2回戦進出を決めていた。

試合序盤、オジェ・アリアシムのハードヒットについていきキープを続けた杉田だったが、2度のブレークチャンスを逃すと、反対に2度のブレークを許し、第1セットを3-6で失う。

主導権を取り戻したい杉田は、第2セットでオジェ・アリアシムのサービスに食らいつくも、なかなかポイントを奪うことができず。自身のサービスゲームでも相手のストロークに押される形でミスも出てしまい、第3ゲームから5ゲーム連取を許し、ストレートで敗れた。

この試合、オジェ・アリアシムはファーストサーブが入ったときに、87%の確率でポイントにする好調ぶりで圧倒。アンフォーストエラーでは、15本と16本の杉田とほとんど変わらないものの、ウィナー数では23本と杉田の7本に大きく差をつけた。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

関連する記事RELATED