close

2021.02.15

大会情報

上地結衣が2連覇へあと1勝! 決勝の相手は世界1位

上地結衣が決勝進出。国枝慎吾、大谷桃子、菅野浩二は敗退

全豪オープン8日目、車いすテニスの部に日本人4選手が登場。女子シングルスの上地結衣(三井住友銀行)が、クオゾァード・モンジェーエーヌ(南アフリカ)を6-1、5-7、6-0で下し、決勝に進出した。

【写真】単複ともに敗れた国枝慎吾。1ヵ月に及ぶ遠征も「この結果は申し訳ない」

大会2連覇を狙う上地は、相手の粘り強さにセットを落としたものの、ファイナルセットでは3度のブレークに成功。フルセットの熱戦の末に決勝進出を決めた。

決勝の相手は、準決勝で大谷桃子(かんぽ生命)を6-2、6-4で破った世界ランキング1位のディーデ・デグロート(オランダ)。両者は昨年のUSオープン決勝で対戦しており、デグロートがストレートで下し、優勝。だが、今大会の前哨戦では、上地が勝利しており良いイメージで試合に臨めるはずだ。

上地は、大谷とペアを組んだダブルスにも出場しており、第1シードのデグロート/アニーク・ファンクート(オランダ)に2時間4分の激闘の末、6(9)-7、4-6のストレートで敗れている。

男子では、世界ランキング1位の国枝慎吾(ユニクロ)が単複で登場。シングルスでは、同3位のアルフィー・ヒュウェット(イギリス)に4-6、3-6で敗れ、2年連続優勝とはいかなかった。グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)と組んだダブルスでもヒュウェット/ゴードン・リード(イギリス)に、1-6、6-4、[10-7]のフルセットで敗れている。

また、クアード(四肢[両腕・両脚]の内、三肢以上に障害のある選手のクラス)の世界ランキング5位の菅野浩二(リクルート)は、ニコラス・テイラー(アメリカ)と組んだダブルスで、アンディー・ラプソーン(イギリス)/デビッド・ワグナー(アメリカ)に、1-6、4-6で敗れている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma