close

2021.02.16

大会情報

大坂なおみvs.シェイは日本時間10時半、青山/柴原ペアは第2シードとの戦い。全豪9日目の注目ポイントをチェック!!

大坂は「ゲームなら選びたい相手」、
シェイ・スーウェイとどう戦う!?


全豪オープン9日目。センターコートであるロッド・レーバー・アリーナの第1試合(日本時間10時30分〜)では女子シングルス準々決勝、世界ランキング3位の大坂なおみ(日清食品)[3]と同71位のシェイ・スーウェイ(台湾 ※ダブルス1位)の試合が行われる。

対戦相手は4勝1敗、全豪では2019年大会で対決。セットを先取されながら辛くも勝利している。シェイは、グランドスラムで過去8度トップ10選手を下している難敵。だからこそ大坂も「彼女のショットは予測できない。観戦するには本当に楽しい。プレーするのはおもしろくないけれど」と大いに警戒する。力で勝負をするタイプではないだけに、サービスゲームをいかにキープできるかがカギとなりそうだ。


【画像】全豪オープン9日目のオーダー・オブ・プレイ(試合予定表)


コート13の第1試合(日本時間12時〜)には、女子ダブルス準々決勝、第7シードの青山修子(近藤乳業) /柴原瑛菜(橋本総業HD)が登場する。2大会連続優勝中、そして11連勝中という同ペアだが、今日の相手は、第2シードのエリーゼ・メルテンス(ベルギー)/アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)という強敵。ダブルスはペアの成熟度が勝負を決めるというところを見せて、勝利をもぎ取りたい

そしてセンターコートは大坂戦後も注目カードがズラリと並ぶ。
第2試合(日本時間13時以降)では、US王者ドミニク・ティエム(オーストリア)を下したグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とノーシードから準々決勝に勝ち上がってきたアスラン・カラツェフ(ロシア)が対戦する。カラツェフは3回戦で世界9位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を、4回戦では19位のフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を破っている。それだけにディミトロフも「相手は危険な選手だ。自分のコートのボールやゲームプランに集中して、自分でできることをコントロールして前に進んでいくよ」と警戒している。初対戦だけに、展開が読めない。

ナイトセッション第1試合(日本時間17時以降)は準々決勝、世界ランキング2位のシモーナ・ハレプ(ルーマニア)[2]と世界ランク11位のセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)[10]が対戦。ランキングでは上位のハレプだが、過去の対戦成績は2勝9敗と分が悪い。だからこそ「勝つには私のベストテニスが必要」と語っている。

続くナイトセッション第2試合で、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]と世界7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[6]が激突する。ジョコビッチは何より、痛めている腹筋が気がかり。4回戦後には、「1日半は休める。回復させて少しでも良くなることを期待したい」と語っているが、わずかな時間で劇的回復は望めないはず。番狂わせが起こる可能性もある。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED