close

2021.02.14

大会情報

今季負けなしの11連勝! 青山修子/柴原瑛菜が快勝でグランドスラム2大会連続のベスト8

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

接戦続きの青山/柴原ペア
今大会初めてのストレートセットで快勝

全豪オープン7日目、女子ダブルス3回戦で第7シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業HD)は、第12シードのヘイリー・カーター(アメリカ)/ルイザ・ステファーニ(ブラジル)に対して、6-2、6-4のストレートで快勝し、ベスト8進出を決めた。

【ドロー】全豪オープン女子ダブルス

相手ペアは、昨年のUSオープンでは敗れたものの、全仏オープン、今年1月の女子ツアー開幕戦「アブダビWTA女子テニス・オープン」(WTA500/アラブ首長国連邦・アブダビ)の決勝戦と2連勝中である。

試合序盤、スピードのあるボールをしっかりネット際でブロックしてくる相手ペアに対して、青山/柴原も臆することなく打ち込んでいく。第1セット、第3ゲームでブレークに成功すると、第7ゲームでも青山のボレーが決まり、6-2で先取する。

続く第2セットでも、青山/柴原はネット際で強さを発揮し、2つのブレークに成功。サービング・フォー・ザ・マッチとなる第8ゲームでブレークを許したものの、第10ゲームではきっちりキープして試合を締めた。

この勝利で、青山/柴原は今シーズンいまだ負けなしの11連勝(相手の棄権含めず)。女子ツアー開幕戦「アブダビWTA女子テニス・オープン」(WTA500/アラブ首長国連邦・アブダビ)から続く、連勝を伸ばした。

最初の2試合でミスが多かったと反省していた青山は、「今日は改善できた。相手をよく知っていたので、最初から二人で我慢強くやろうという気持ちで臨めた」とラリーに持ち込むことでチャンスを多く作れたとコメント。よく知る相手との対戦でも柴原は「相手が私たちを知っていても、違うことを出せるように自信を持ちながら試合をしていた」と強い気持ちを持ってプレーしたと語った。

準々決勝では、第2シードのエリーゼ・メルテンス(ベルギー)/アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)と第16シードのローラ・シゲムンド(ドイツ)/ベラ・ズボナレワ(ロシア)の勝者と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP