close

2021.02.16

大会情報

大坂なおみ、準々決勝後、TVカメラに描いた絵の意味とは!?

「かわいらしいものを描く
チャンスだ!」と思ったという大坂


全豪オープン9日目、女子シングルス準々決勝でシェイ・スーウェイ(台湾)に6-2、6-2で勝利。優勝した2019年大会以来となる全豪オープンテニス準決勝進出を果たした。

試合の感想を聞かれて「彼女と対戦すると、いつもこういった戦いになります。どんなボールを打ってくるかが全然わからないので、チャレンジになるんです。今日は、本当によく集中してゲームプランどおりにプレーできました」と答えた大坂。会見の終盤には、オンコート・インタビュー後のTVカメラへのサインについて、質問が及んだ。


【動画】大坂が描いた“イラスト”はこちら

“描いた絵は何だったんですか?”という質問に対して、大坂は「OK。特別に何かを書くつもりはなかったのですが、みんながクールなことを書いてるのを見たんです。かわいらしいものを描くチャンスだ! と思って描いたら、変になっちゃったの(笑) あれはネコなんです」と答えた。映像をよく見てみると、ニコニコしながら絵を描いていき、描き終わったと思ったら、首を傾げている。なんとも大坂らしい、かわいらしい一面である。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED