close

2020.06.10

選手情報

フェデラーが今季の復帰を断念「2021年に会えるのを楽しみにしている」

6月10日、ロジャー・フェデラー(スイス)が、2月に受けた右ひざの手術の影響で、今シーズンの復帰を断念することを自身のSNSで明らかにした。

フェデラーは、「数週間前、最初のリハビリ中に挫折を経験し、再度右ヒザの関節鏡検査を受けなければなりませんでした」と投稿。続けて、「2017年シーズンの時のように、100%の準備で最高レベルのプレーができるように、必要な時間を取ることを計画しています。ファンやツアーの皆さんと会えなくなるのは寂しいけど、2021年シーズンの開幕時にはツアーに戻って、会えるのを楽しみにしています」とコメントした。

2016年には左ヒザを手術し、ツアーから長期離脱したフェデラーは、2017年に復帰すると、全豪オープン決勝でラファエル・ナダル(スペイン)を破り、復活優勝を遂げている。その時のように、元気な姿を来シーズン見られることを楽しみにしたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma