close

2020.06.10

選手情報

ナダルのアカデミー卒業生にフェデラーがメッセージ「楽しく過ごすことを忘れてはいけない」

6月9日、ATP公式サイトは、ラファエル・ナダル(スペイン)が設立したテニスアカデミー、「ラファ・ナダル・アカデミー」で34人の卒業式が行われたことを掲載。サプライズでナダルのライバル、ロジャー・フェデラー(スイス)からのメッセージがあったと伝えている。

ラファ・ナダル・アカデミーは、2016年にナダルの故郷スペイン・マヨルカ島に開校。ナダルをテニス界の頂点に導いた叔父のトニ・ナダル氏が、代表兼ヘッドコーチを務め、グランドスラム19度制したナダルの経験や知恵が詰まった最先端のテニスアカデミーとなっている。ナダルはもちろんのこと、ここを拠点にしているプロもおり、ジャウメ・ムナール(スペイン)やキャスパー・ルード(ノルウェー)など期待の若手が、定期的に練習している。

ナダルは卒業生に向けて、「私たちは非常に難しい場面を経験しました。皆さんにとっても学びになったと願っています。人生は、そのほとんどが簡単なものではありません。この期間が、将来直面するかもしれない挑戦のための強さや経験を手に入れることに役立つことを願っています」と、メッセージを送った。

また、ビデオでサプライズ出演したフェデラーからは、「プロテニスプレーヤーになるためには多くのハードワーク、そして楽しく過ごすことを忘れないことが一番大切です。雨の日、タフな日もあると思います。でも、常に明るい兆しはあるはずです。ラファと私は、自分たちがやっていることに情熱を失ったことはありません。皆さんがこの先、どのような仕事に就いたとしても、楽しく成功したキャリアを歩むことを願っています。そして、アカデミーでの日々が人生で最高だったと振り返ることでしょう」というメッセージが送られた。

新型コロナウイルスの問題で、できなかったこともあるはず。それでも卒業という晴れのタイミングで、ビッグ3の2人からメッセージがもらえるとは。34人の卒業生にとっては、うれしいサプライズとなったはずだ。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma