close

2021.03.11

選手情報

ムグルザがシフォンテクに快勝! 今季初優勝へ向け好調キープ

シフォンテクに69分のストレートで勝利

「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」4日目、シングルス3回戦が行われ、世界ランキング16位のガルビネ・ムグルザ(スペイン)が、昨年の全仏オープン覇者である同15位のイガ・シフォンテク(ポーランド)に6-0、6-4のストレートで快勝。同大会4度目のベスト8進出を果たした。

【動画】G.ムグルザ、シフォンテクに快勝! ハイライト

この日の試合では、「第1セットで彼女(シフォンテク)がミスをしてくれて、アドバンテージを取れた」と、ムグルザはファーストサーブの確率に苦しむシフォンテクを序盤から攻めたて主導権を握る。第1セットで3度のブレークに成功し、6-0でセットを奪った。続く第2セットでも2度のブレークをしたムグルザが、全仏女王を1時間9分のストレートで下した。

試合後、ムグルザは「チャンスを逃さず、効率的にプレーできた。とても集中していたし、試合を楽しみにしていた。今日はコート上でいい気分でプレーできたわ」と、難敵相手に満足のいくプレーができたと語った。

今シーズン、いまだ優勝こそないものの、2大会で決勝に進出し好調をキープしているムグルザ。準々決勝では、世界8位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)と対戦する。両者は、先週行われた「カタール・トータル・オープン」でも対戦しており、6-2、6(5)-7、6-3でムグルザが勝利している。

今大会では、すでに第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)や第2シードのカロリーナ・プリシコワ(チェコ)がシード勢が敗退。ムグルザも含め3人のシード選手が残っている。シーズン初優勝に向けて、勝利を重ねることができるか注目だ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP