close

2021.03.14

選手情報

錦織圭、西岡良仁出場。ATP500「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」のドローが決定

1回戦、錦織はオペルカ
西岡はブブリクとそれぞれ対戦

3月14日、アラブ首長国連邦・ドバイで開催されるATP500大会「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」のドロー(組み合わせ)が決定した。試合は、WOWOオンデマンドで配信予定。

【画像】「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」ドロー(組み合わせ)


前々週のATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」でベスト8入り、前週の「オープン13プロバンス」では初戦敗退の錦織圭(日清食品/世界ランク40位)は、1回戦でライリー・オペルカ(アメリカ/同39位)と対戦する。

初対戦となるオペルカは、身長211cmの長身選手。その特徴を生かしたサーブも強力だが、強烈なカウンターも持っている。改善されてきているとはいえ、フットワークが弱点となるだけに、錦織は相手を振り回したいところ。また、相手のセカンドサーブをしっかり攻略したい。

初戦を突破したら、2回戦で第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー/同14位)と対戦することが決まっている。過去3戦全勝と相性がいい相手だけに、しっかり初戦をものにしたい。以降3回戦では、アルヤズ・ベデネ(スロベニア )と、準々決勝では、第1シードのドミニク・ティエム(オーストリア/同4位)と、準決勝では第3シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同11位)と対戦する可能性がある。

一方、西岡良仁(ミキハウス/同59)位は、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同44位)と対戦する。両者は2月下旬に開催されたATP250シンガポール大会で対戦したばかり。その時は、2-6、3-6で敗れているだけに、今回リベンジを果たしたいところ。

以降2回戦では第16シードのヤニック・シナー(イタリア/同34位)と、3回戦では第4シードのロベルト・バウティスタ・アグ(スペイン/同13位)と、準々決勝では第12シードのダニエル・エバンズ(イギリス/同28位)と、準決勝ではアンドレイ・ルブレフ(ロシア/同8位)と対戦する可能性がある。

過去の今大会では、錦織は2019年大会に出場して2回戦敗退、西岡は2018年大会、2020年大会と2度出場して共に1回戦敗退となっている。錦織、西岡共に、まずは初戦を突破して、調子を上げていきたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP

関連する記事RELATED