close

2021.03.25

メーカーズボイス

ISOスピードだから出来たテニス・ストリング! ナチュラル並みの打球感を誇る「ポリ・マルチ」に注目!!



ポリでナチュラル・ストリングを作ってみよう!
無茶なものを実現してしまった「ISOスピード」

さて、今回、ご紹介したいのが「コントロール・クラシック(Control Classic)」と「プロフェッショナル・クラシック(Professional Classic)」。“ポリ素材でナチュラル・ガットを本気で再現してみよう”というコンセプトで作られた2モデルである。そんなコンセプトはどこでも掲げていそうだが、簡単にできるわけではない。

ポリ・ストリングのほぼすべては、「モノフィラメント・コア」でできている。つまり単一芯でできているということ。最近では、モノフィラメント・コアの中に、コアをいくつか内蔵している“モノ・マルチ”と呼ばれる構造のものもあるが、これも大きく分ければ、モノフィラメント・コアと同様と言える。特徴といえば耐久性だが、打球感に関してはどうしても硬くなってしまう。なぜモノフィラメント・コアなのかというと、単純な話、それを加工するテクノロジーを持ち合わせていないため、ほとんどのブランドは作ることができないからだ。

ところが「ISOスピード」は、ポリでマルチフィラメントを作るという高難度のものを実現させてしまった。それこそが「コントロール・クラシック(Control Classic)」と「プロフェッショナル・クラシック(Professional Classic)」なのである。



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP