close

2021.03.26

選手情報

望月慎太郎のATPマスターズ1000デビュー戦、コキナキスにストレートで敗戦

17歳・望月慎太郎は小気味よいプレー見せるもストレートで敗戦

「マイアミ・オープン」男子シングルス1回戦、世界ランキング654位の望月慎太郎(Team YUKA)は、同243位のタナシ・コキナキス(オーストラリア)に3-6、3-6で敗れ、ツアー初勝利とはいかなかった。

【動画】望月慎太郎vs.T.コキナキス マッチハイライト


2月下旬の「シンガポール・オープン」(シンガポール/ATP250)でツアーデビューを果たした17歳の望月は、今大会、ワイルドカードを得て予選に出場。1回戦で世界144位のダニエル・アルトマイヤー(ドイツ)、予選決勝で同168位のエミリオ・ゴメス(エクアドル)に勝利し、ATPマスターズ1000大会の本戦に足を踏み入れた。

対する、コキナキスは度重なるケガでランキングを落としているものの、キャリア最高は69位。今年の全豪オープンで、約1年5か月ぶりにツアーレベルでの勝利を挙げている。

この日の試合で望月は、試合開始早々に0-40と3本のブレークポイントを握ったが、コキナキスのサーブに阻まれ、これを生かせない。力に頼らず、タイミングや正確なショットでポイントを奪った望月だったが、なかなかチャンスを手にできないでいると、第4ゲームでコキナキスにブレークを許す。これが決め手となり、第1セットを3-6で落とした。

第2セット、第1ゲームをラブゲームでブレークされた望月は、積極的な姿勢を見せてすぐさまブレークバックに成功。1-1とする。だが、その後はミスも増え、2度のブレークを許す。第8ゲームでブレークしたものの、第9ゲームにこのセット4度目のブレークで3-6、3-6のストレートで敗れた。試合時間は1時間23分。

勝利したコキナキスは、2回戦で第29シードのマートン・フクソービッチ(ハンガリー)と対戦する。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP