close

2021.03.27

選手情報

ティエムの父が心配されている息子の足の状態について説明

「足のケガはそんなにひどいわけじゃない」と
説明した父ウォルフガング氏


世界ランキング4位のドミニク・ティエム(オーストリア)の父であるウォルフガング・ティエム氏がオーストリアの地方紙「Kleine Zeitung」のインタビューに応じ、自身の息子が負った足のケガの状態について語った。

【動画】ドミニク・ティエム2020年ハイライト集


今シーズンは序盤から思うような成績が残せず、苦しい時間を過ごしているティエム。ここまでは今年2月の全豪オープンの4回戦進出が最高成績となっている。その後のカタール大会ではベスト8に進んだものの、先週のドバイ大会では2回戦敗退を喫しており、現在開催中のATP1000「マイアミ・オープン」は欠場を発表した。

そんな中、カタール大会の準々決勝直後に開かれた記者会見でティエムは、かねてから足のケガに悩まされていることを告白。
ティエム自身は「足のケガはそんなにひどいわけじゃない。いつものことだからどう対処すればいいかもわかっている」としながらも、「ずっと若いころから、両足とも問題があるんだ。もちろん時には結構痛い」と語っており、テニスファンの間でも心配の声が広がっている。

ウォルフガング氏はティエムの足のケガについて、「これらはドミニク(ティエム)がハードコートでプレーするときに何度も起こる小さなことで、彼はいつも、ハードコートでのスライディングに問題を抱えている。何年もかけてタコができ、その場所に強いストレスがかかると炎症を起こすことがあるんだ」と原因を説明。

一方でウォルフガング氏は、「基本的にドミニクのコンディションは良好で、いくつか問題点をチェックする必要があっただけだ。今は特に心配はない」としており、マイアミ大会の欠場を決めた背景についても「クレーシーズンに向けて本人は1度リセットしたいようだ」とコメントしている。

全仏オープンで「クレーキング」と称されるラファエル・ナダル(スペイン)を撃破することを今年度の目標に掲げていたティエム。まずは休養をしっかりと取った上で、再びファンの前で持ち味の躍動感溢れるプレーを見せてもらいたい。

文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP