close

2021.03.30

選手情報

錦織圭が世界5位のチチパスにフルセットで敗れベスト16入りならず

錦織圭はチチパスと熱戦もフルセットで敗れる

「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/ATP1000)シングルス3回戦、世界ランキング39位の錦織圭(日清食品)は、同5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)に3-6、6-3、1-6で敗れ、ベスト16入りとはならなかった。

【動画】錦織圭が見せたバックハンドの完璧なダウン・ザ・ライン!

これまでの両者の対戦成績は、1勝0敗で錦織が勝ち越しているものの、最後の戦いは2018年の楽天ジャパンオープン。チチパスも実力を伸ばし、「Nitto ATPファイナルズ」の優勝やグランドスラムベスト4などの成績を残してきた。

今大会、錦織は第28シードとして2回戦から登場。その2回戦では、2時間50分のフルセットの末、世界59位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)を7-6(6)、5-7、6-4で破っている。対するチチパスは、世界126位のダミール・ジュムホール(ボスニアヘルツェゴビナ)を6-1、6-4で快勝している。

第1セット、簡単にミスをしてくれないチチパスに対し、錦織はストロークが乱れ、第2ゲームをブレークを許す。その後、自身のサービスゲームをキープした錦織だったが、チチパスが79%でファーストサーブを入れ、チャンスを作ることができず。第1セットを3-6で落とした。

第2セット、第1ゲームで40-0からブレークポイントを握られた錦織は、これをキープすると、直後のゲームでチャンスが訪れる。錦織は、チチパスのサーブに食らいつき、ラリー戦に持ち込むと、相手のミスもあり2本のブレークポイントを握り、この試合初めてブレークに成功した。第3ゲームには2度のピンチを迎えたが、これをしのぐと、その後はキープを続けて第2セットを6-3で奪い返した。

運命の第3セット、互いに一歩も譲らず激しいラリーが繰り広げられると、第2ゲームでチチパスが5本のブレークポイントを握る。錦織は粘ったものの、ブレークを許しリードを奪われてしまった。何とか試合を振り出しに戻したい錦織だったが、疲れからかストロークの精度が落ち、2度目のブレークを許して万事休す。最後はチチパスがラブゲームでキープし、フルセットで勝利を挙げた。試合時間は1時間56分。

勝利したチチパスは、4回戦で世界34位のロレンゾ・ソネゴ(イタリア)と対戦。現地時間3月30日19時(日本時間3月31日8時以降)に試合が行われる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP