close

2020.06.18

大会情報

「花キューピットオープン」「楽天ジャパンオープン」開催中止が決定

楽天ジャパンオープン、前回大会はジョコビッチが優勝している

6月18日、公益財団法人日本テニス協会は、「花キューピットオープン」「楽天ジャパンオープン」の中止を発表した。リリースによると、「花キューピットオープン」はWTAと、「楽天ジャパンオープン」はATP、ITFと協議を重ねた結果、「新型コロナウイルス感染の世界的な広がりを考慮し、中止とすることに決定」としたという。

どちらの大会も、開催に向けて無観客開催や入場制限を含む様々な方策を探っていたが、選手の渡航問題、出場選手、関係者、来場者、協議会社、運営スタッフなどの安全確保を保証することは現時点では難しいと判断し、苦渋の決断となったという。楽天ジャパンオープンは、1972年の第1回大会以来、中止となるのは初めてのこと。

いずれのリリースも「本協会といたしましては、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックと、直後の開催となる2021年の本大会の開催と成功に、全力を尽くしてまいりたいと考えております」と結ばれている。状況を考えると致し方ないという思いもするが、日本で世界のトッププレーが見られる貴重な舞台だっただけに、中止は残念でならない。



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録