close

2021.04.12

選手情報

シャポバロフが現状について思いを告白「決して満足はしていない!!」

「もっと多くのタイトルを獲得することが
できると確信している」と語ったシャポバロフ

カナダテニス界の新星、デニス・シャポバロフ(カナダ/世界ランク12位)が今後の目標について語ったと、スペインのテニスメディア「Punto de Break」が伝えている。

【動画】デニス・シャポバロフ2020年ハイライト集


ダイナミックなフォームから繰り出される強烈なフォアハンドや片手バックハンドなどを武器に、多くのファンを魅了し続けているシャポバロフ。2020年8月に行われたUSオープンではベスト8入りを果たし、同年9月下旬に更新された世界ランキングでは初のトップ10入りを達成。成長著しい若手プレーヤーの1人として君臨しており、今後の大躍進にも期待がかかる。

一方でシャポバロフはキャリアの中でATPツアー準決勝進出を11度経験しているが、意外にも優勝は2019年のATP250「ストックホルム・オープン」の1度のみ。だが、シャポバロフは「今後はもっと多くのタイトルを獲得することができると確信している」と自信をのぞかせている。

その後、若くして頭角を現したことについて問われたシャポバロフは「若いながらに成長している時は、常にベストを尽くしたいと思うものだけど、まさか自分がこれまでのキャリアを持つことになるとは想像もしていなかった」とコメント。また、「21歳という年齢でこれだけのランキングに入ることができたことに驚いていて、うれしさを感じている。本当に自分でもすごいことだと思う」とも語っており、自身のプレーにも一定の手応えをつかんでいるという。

それでも「決して満足はしていない」と気を引き締めるシャポバロフ。最後に「とにかく、練習を毎日続けて上達し続けることを目指している。今のところ、ツアーで優勝することはあまり実現できてはいないけど、そのことにとらわれず、自分ができることを精一杯やることに集中している。(最終的には)もう一度トップ10の壁を破って、ランキングの上位に登りたいと思っている」と自身が定めるゴールを明かした。

自信を確信に変えていくために、まずはATPツアーで優勝回数を積み重ねていきたいところ。これからも持ち味の躍動感溢れるプレーで大きく飛躍する姿を見せてもらいたい。


文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP