close

2021.05.05

選手情報

錦織圭、世界6位のズベレフにストレートで敗戦。トップ10から勝利ならず[マドリード・オープン]

Photo by Getty Images

錦織圭、ズベレフのビッグサーブを前にチャンスを作れず

「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/ATPマスターズ1000)シングルス2回戦、錦織圭(日清食品/世界ランク43位)は、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同6位)に3-6、2-6のストレートで敗れた。

【動画】錦織圭が一歩も動けず。ズベレフのスーパーショット!

前週のATP250 エストリル大会の前に足を負傷した錦織だが、今大会の初戦となったカレン・カチャノフ(ロシア/世界ランク23位)を6(6)-7、6-2、6-2の逆転で勝利。試合後には、「タフな相手にいい試合ができた。大変な相手が続くが、自信はある」と語っている。対するは、今大会の初戦を迎えるズベレフ。2018年大会の優勝者で3年ぶりのマスターズ制覇を狙う。

両者の対戦成績は、2勝1敗でズベレフが勝ち越しているものの、クレーコートでの唯一の戦いである2018年のATPマスターズ1000モンテカルロ大会では、錦織がフルセットで勝利している。

第1セット、ズベレフの速いテンポの展開で第2ゲームに早くもピンチを迎えた錦織だが、4度のブレークポイントをしのいで、サービスキープ。すると、第5ゲームで錦織にチャンスがやってくる。攻撃的なフォアハンドでブレークポイントを握ると、30-40でセカンドサーブからネットダッシュしてきたズベレフの横を抜けるダウン・ザ・ラインのリターンを放ち、ウィナーに。ブレークに成功し、錦織が先にリードを奪う。しかし、直後のゲームでズベレフの深いストロークが決まり、ブレークバック。さらに、第8ゲームで錦織のショットが浅くなり、サービスブレークを許すと、サービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでは、ズベレフの強烈なサービスが決まり、4ゲームを連取され第1セットを3-6で落とした。

セットを取り返したい錦織だったが、第2セット第3ゲームでズベレフの力のあるショットがライン際に決まり、ブレークに成功。先にズベレフがリードを奪った。その後、ズベレフのサービスゲームでポイントを先行する場面もあった錦織だが、大事な場面でズベレフのサーブが決まり、なかなか崩すことができない。すると、第7ゲームでズベレフに2度目のブレークを許した錦織。そのまま2-6でセットを落とし、ストレートで敗れた。

勝利したズベレフは、3回戦でダニエル・エバンズ(イギリス/世界ランク26位)とジョン・ミルマン(オーストラリア/同42位)の勝者と対戦する。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録