close

2021.05.08

選手情報

ナダル敗れる!! ズベレフがストレート勝利で準決勝進出を決める[マドリード・オープン]

「ラファにクレーで勝つというのは
このスポーツで最も困難なことだ」


「まったく驚きの結果ではない。サーシャが自分のプレーをしただけだ。彼はトップ選手だから、対戦する時は(どんな試合になるかは)予想できない。だから驚きではない」
試合後の記者会見で、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク2位)はそう振り返った。

5月7日、ATPマスターズ1000 「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード)準々決勝、“クレーキング”ナダルは、第5シードのアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/同6位)と対戦。4-6、4-6で敗れた。ナダルは、これでズベレフに3連敗となった。

【動画】ズベレフvs.ナダル マッチハイライト


「試合序盤は試合をコントロールできていた。第6ゲームまでは、多分、彼よりも良いプレーができていたと思う」と語ったとおり第1セット序盤は、ナダルが主導権を握っていた。

第1セット序盤はキープが続く展開。すると。第6ゲームで、ナダルはラブゲームでのブレークに成功。4-2とする。

すると続く第7ゲームが分岐点となる。
30オールから、アプローチショットを打ってネットに詰めたナダルに対して、ズベレフはパッシングショットを決める。続くポイントでも同様にネットに出たナダルにボレーをさせず。ズベレフがブレークバックに成功する。
さらに第9ゲーム、デュースから珍しくナダルがダブルフォールト(この試合2本のみ)をすると、続くポイントではパッシングショットがネット。ズベレフがまたもブレークに成功する。続くゲームをキープして、第1セットは6-4でズベレフが奪取する。

第2セット第5ゲーム、ズベレフは早めにボールを叩いていくとブレークに成功。するとこのセット、ナダルにブレークポイントすら許さず。6-4で締めて勝利を果たした。

2018年大会でも優勝しているズベレフ。クレーとしては速いというサーフェスとあって、自身のテニスと合っているのだろう。この試合中には、高い軌道のボールを多用。ナダルのボールが短くなったら、前に踏み込んで叩くという展開を数多く見せていた。

「まちがいなく、キャリア最大の勝利の一つだろう。ラファ(ナダル)にクレーで勝つというのは、このスポーツで最も困難なことだ。まして彼の母国での試合。信じられない勝利だ」と喜日を語ったズベレフ。敗れたナダルは、自身の不調ではなくズベレフのプレーが良かったと相手を讃えている。



ベスト8で敗退となったナダル。「素晴らしかった」とズベレフのプレーを讃えた


続く準決勝(現地16時以降・日本時間23時以降)では、第3シードのドミニク・ティエム(オーストリア/同4位)と対戦する。両者の対戦は、昨年のUSオープン決勝以来(対戦成績は2勝8敗)。

「USオープンの決勝を、みんな連想するだろう。私も思い出すはずだ。対戦を楽しみにしている。今日のように、いいプレーができたらうれしい。ドミニクは偉大な選手だから、当然ながら簡単な戦いにはならないだろう。ここ数試合は、いずれも素晴らしい戦いを演じている。なんとか、またマドリードの決勝に進みたい」と語ったズベレフ。

本日の準決勝は、注目の一戦となる。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録