close

2021.05.16

ジュニア選手

「2021 DUNLOP CUP全国選抜ジュニアテニス選手権大会兼ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会」14歳以下・12歳以下男女の決勝進出者が決定! <14歳以下&12歳以下男女、準々決勝・準決勝の試合結果>

全国選抜ジュニア大会3日目は14歳以下と12歳以下男女の準々決勝と準決勝が行われ、決勝進出者が決まった

14歳以下男女、12歳以下の男女
決勝進出者が決定!

5月13日から16日まで、千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター(TTC)にて開催されている「2021 DUNLOP CUP全国選抜ジュニアテニス選手権大会兼ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会」。大会3日目の5月15日は14歳以下男女と12歳以下男女のメインドロー準々決勝・準決勝と12歳以下コンソレーション準々決勝・決勝が行われた。

【ドロー】14歳以下男女と12歳以下男女のドロー(勝ち上がり表)はこちら

【画像】14歳以下男女・12歳以下男女のベスト8進出者のプレー写真はこちら

この大会は、12歳以下と14歳以下の選手による大会。過去の優勝者には、錦織圭(2001年/12歳以下)や奈良くるみ(2003年/12歳以下、2004年/14歳以下)、内山靖崇(2004年/12歳以下)、西岡良仁(2007年/12歳以下、2009年/14歳以下)ら世界のトップレベルで活躍するプレーヤーたちが名を連ね、同大会での優勝は世界への登竜門となっている。なお、14歳以下のカテゴリーは、毎年ワールドジュニアテニス世界大会の代表選手選考も兼ねて行われていたが、日本テニス協会は、今年行われるワールドジュニアテニスのアジア/オセアニア予選(カザフスタン)に選手の派遣を行わないことを決定した。

各カテゴリーの準々決勝、準決勝が行われた大会3日目。14歳以下男子は、第1シードの逸﨑獅王(First-J Junior Team/関西)が1セットも落とさずに決勝進出。逸﨑は威力満点のサーブとフォアハンドが武器だが、強打の中にもドロップショットを混ぜてペースを変えるなど、総合力の高いテニスを見せる。もう一方からは、1回戦で第3シードの神山宏正を下して勢いに乗った安藤雄哉(荏原SSC/関東)が決勝へ進んだ。安藤は、攻め込まれたときにカウンターで切り返すのが得意だそうで、これまでフィジカルを重点的に強化してきたことが今大会の結果につながっているという。タイプの異なる両者が決勝でどのようなプレーを見せるか楽しみだ。


第1シードの逸﨑獅王(First-J Junior Team/関西)


安藤雄哉(荏原SSC/関東)

14歳以下女子の決勝は、ミスの少ない安定感のあるストロークで、ノーシードながらも1セットも奪われずに勝ち進んだ早坂来麗愛(ウイニングショット/東北)と、171cmという身長を生かした高い打点からのサーブやストロークで攻撃的なテニスを見せた第3シードの園部八奏(与野TC/関東)という顔合わせに。ともに「いいプレーができたらいい」「自分のテニスをしたい」と決勝へ向けて意気込みを述べている2人。早坂の安定感が勝るか、園部の攻撃力が勝るか注目したい。


早坂来麗愛(ウイニングショット/東北)


第3シードの園部八奏(与野TC/関東)

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=松村健人(NBP) Photos by Takehito Matsumura