close

2021.05.19

選手情報

車いすテニス・小田凱人が世界8位エグビリンクに快勝し優勝!!

本人提供写真

準々決勝では世界10位・眞田にも勝利した小田

現地5月18日、車いすテニスのITF2「ケマル・シャヒンオープン」(トルコ・アンタルヤ/クレーコート)最終日、小田凱人(岐阜インターナショナルテニスクラブ/世界ランク54位/同ジュニア1位)は男子シングルス決勝で、トム・エグビリンク(オランダ/同8位)と対戦。6-3、7-6(3)で下して優勝を果たした。

【画像】大会結果(勝ち上がり)はこちら


今大会、小田は準々決勝では第2シードの眞田卓(凸版印刷/同10位)にフルセットで勝利、続く準決勝でも第7シードの荒井大輔(BNPパリバ/同19位)に勝利している。また、その荒井とのペアで臨んだ男子ダブルスでは、準決勝で第2シードの眞田/ダニエル・ロドリゲス(ブラジル)に敗れてベスト4になっている。

小田は、4月中旬からトルコ・アンタルヤで行われていたITFの3大会に出場。2大会目の「MTAオープン」ではシニアのシングルス、ダブルス、そしてジュニアの3種目で優勝し3冠を達成。翌週のITF車いすテニスジュニアランキングで1位を達成している。
14歳11ヵ月18日での同記録は、アルフィー・ヒュウェット(イギリス/ITF車いすテニスランク3位)が持つ15歳1ヵ月1日の記録を抜いて史上最年少という快挙。小田は今週開催のITF2「シャヒン・カビークオープン」にも出場予定。こちらの結果も楽しみである。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

タグ