close

2021.05.04

選手情報

車いすテニス小田凱人が日本人男子初&史上最年少でのITFジュニア世界ランク1位に!!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

日本人男子初&史上最年少でのITFジュニア世界ランク1位になった車いす小田凱人(写真左)

前週の「MTAオープン」で
優勝を果たしていた小田


車いすテニスの小田凱人(岐阜インターナショナルテニスクラブ)が、2021年4月26日付けの車いすテニスITFジュニアランキングで、ベン・バートラム(イギリス)を抜いて世界ランク1位となった。同ランキングでの1位は日本人男子初。また14歳11か月14日でのジュニア世界ランキング1位獲得は、アルフィー・ヒューイット(イギリス)が持っていた15歳1か月1日の記録を更新する史上最年少での記録となった。

【表】主な ITF ジュニアランキング 1 位達成時の年齢


小田は、4月23日、ITF「MTAオープン」(トルコ・アンタルヤ)のジュニアシングルスで優勝を果たしていた(同大会では男子シングルス、男子ダブルスでも優勝している)。 

2020年、18歳以下の選手で争われる「車いすテニスジュニアマスターズ」で優勝を果たしている小田は、ITF(国際テニス連盟)から「将来の日本のスター候補が現れた」と紹介されている逸材。さらなる活躍が楽しみである。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP