close

2021.06.01

選手情報

ダニエル太郎、内山靖崇が今晩登場!! バーティ、ナダル、ジョコビッチと上位選手の試合も。大会3日目の見どころ[全仏オープン]

ダニエル太郎、過去1勝1敗の
ベレッティーニと対戦


6月1日、全仏オープン3日目、日本人2選手が出場する。まず13番コート第1試合(日本時間18時試合開始)に出場するのは、内山靖崇(積水化学工業/世界ランク115位)。マルコ・チェッキナート(イタリア/同83位)と対戦する。内山は、これまで5度のグランドスラム本戦出場を果たしているが、いまだ1回戦突破を果たせていない。今回の全仏でぜひとも実現したいところだ。

【画像】ダニエル&内山が登場!!全仏OP3日目の試合予定表


そして、予選を勝ち抜いたダニエル太郎(エイブル/同113位)は、第9シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同9位)と対戦。コート・シモーヌ・マチューの第3試合で行われる。両者はこれまで1勝1敗。初対戦となった2018年ATP250イスタンブール大会でこの時は7-5、6-3で勝利している。この年の同大会と聞いてピンと来た方はさすが。ダニエルはこの大会でツアー初優勝を成し遂げている。そして直近の対決は、今年4月のATP250ベオグラード大会準決勝で1-6、7-6(5)、0-6とフルセットの勝負となっている。
ダニエルは、同大会の予選1回戦から今回の全仏予選3試合まで10試合連続で第2セットを奪っている。5セットマッチとなるグランドスラムだが、その強さを生かして番狂わせを起こしたいところ。

そのほかの注目では、まずはセンターコートであるコート・フィリップ・シャトリエの試合だ。第2試合に女子第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア/同1位)、第3試合に全仏13度優勝の男子第3シード、ラファエル・ナダル(スペイン/同3位)、ナイトセッションの第4試合に、男子第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)と男女上位シードが一挙に登場する。

そのほかで興味深いのがコート・スザンヌ・ランランの第3試合、リシャール・ガスケ(同53位)とヒューゴ・ガストン(同141位)のフランス人対決だ。昨年、絶妙なドロップショットで大会を沸かせたガストンと、片手バックハンドのテクニシャンであるガスケの戦いは一体どんな試合になるだろうか。

■全仏オープン第3日目(6/1)日本人選手試合予定
【コート・シモーヌ・マチュー】
第3試合/ダニエル太郎(エイブル/同113位)×マッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同9位)[9]

【13番コート】
第1試合(日本時間18時試合開始)/内山靖崇(積水化学工業/世界ランク115位)×マルコ・チェッキナート(イタリア/同83位)
※[]内はシード順位

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma