close

2021.05.31

選手情報

全仏欠場のハレプが復帰に向けて始動「ファーストステップ」とSNSに綴る

ルームランナーで走る動画を
自身のSNSに投稿したハレプ


5月31日、世界ランク3位のシモーナ・ハレプ(ルーマニア)は自身のInstagramを更新。“ファーストステップ(第1歩)”というテキストと共に、ルームランナーで走っている動画を公開した。通常の投稿にはスローモーションのものを、ストーリーズ(24時間で消える投稿)には通常スピードの動画を公開している。ゆったりとしたスピードで走る動画だが、復帰に向けて正に“最初の一歩”を踏み出したと言えるだろう。

【動画】ハレプが復帰への“第1歩”を投稿


ハレプは、5月12日に行われた「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/WTA1000)のアンゲリーク・ケルバー(ドイツ)との2回戦で左ふくらはぎを故障。翌日の検査で、筋断裂と分かり、5月21日に「今年のローラン・ギャロス出場を辞退することに心苦しく思う。残念ながら左ふくらはぎの断裂の回復には時間が必要で、大会までの時間があまりに短すぎる」と発表していた。

ハレプにとって、全仏オープンは特別な大会。それというのも2014年大会でグランドスラムで初の決勝進出を果たしたが、なかなか頂点には立てず。4年越しでようやく手にしたタイトルだからだ。それだけに、「グランドスラムを欠場することは、私のアスリートとしての本能や願望に反するものですが、これは正しい決断です。パリに行けなくなると考えると悲しくなりますが、回復にエネルギーを注いで、前向きに考え、治ったらコートに戻ってきます。2022年のローラン・ギャロス、あなたを迎えに行くわ!」と悔しい気持ちと、前向きに頑張るという意志を表明していた。

故障でトッププレーヤーがいないというのは寂しいもの。無理はしてほしくないが、早い復帰を期待したい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma