close

2021.06.07

選手情報

<一問一答>錦織圭、ズベレフに完敗でベスト8入りならず「どう頑張っても突破口が見つからなかった」[全仏オープン]

錦織圭、2021年の全仏オープンは4回戦敗退 「彼がすごい良かった」

全仏オープン8日目、男子シングルス4回戦で世界ランキング49位の錦織圭(日清食品)は、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同6位)と対戦。4-6、1-6、1-6のストレートで敗れ、2019年ウィンブルドン以来となるベスト8入りとはならなかった。

【動画】錦織圭、ズベレフにストレートの完敗。マッチハイライト

1、2回戦をフルセットで勝ち抜いた錦織は、3回戦で相手の途中棄権により4回戦に進出。「休みが必要だった。相手がケガをしていなかったら、自分がケガをしていたかもしれない」と、フィジカル面でぎりぎりの戦いだったとしていた。この日の試合で錦織は、第1セット第10ゲームでズベレフに2度目のブレークを許し、セットを奪われると、第2セット以降もズベレフの広い守備範囲に加え、パワフルなショットに苦戦。トップ10の牙城を崩すことができず、ストレートで敗れた。

試合後の会見で錦織は、「自分も最高ではなかったが、彼がすごい良かった」とズベレフの完璧ともいえるプレーを称賛。これまでの試合と違うナイトセッションでの戦いに「2倍ぐらいのボールの重さを感じた。自分にパワーがないぶん、ボールが浅くなってしまった」と、自身のやりたいプレーができなかったと語った。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.今日の試合は戦略がうまくいかなかったのか、相手がそれ以上のプレーをしてきたのか?

「確かに今日は(ズベレフの)守備がすごかったですね。なかなか決まらなかったですね。ドロップショットも取られていたし、タイミングが悪かったのもありましたけど、なかなか決められないフラストレーションはありました。深い球でディフェンスされて、そこから攻撃、守備が変わることが多々あったので、自分も最高ではなかったですけど、彼がすごい良かったのかなと思います」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma