close

2021.06.25

選手情報

錦織圭のウィンブルドン初戦の相手は世界67位・ポピュリンに! 男子シングルスの組み合わせが発表[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

日本人男子3名が本戦に! 錦織圭は世界67位ポピュリンと対戦

6月25日、ウィンブルドンは、28日に開幕する男子シングルスの組み合わせを発表。日本人選手男子3選手が名を連ね、日本の最上位選手である錦織圭(日清食品/世界ランク53位)は、アレクセイ・ポピュリン(オーストラリア/同67位)との対戦が決定した。

【画像】ウィンブルドン男子シングルスドロー(組み合わせ)

11大会連続12 度目となるウィンブルドン本戦出場を果たした錦織は、2回戦で第12シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/同14位)と、3回戦で第20シードのアスラン・カラツェフ(ロシア/同24位)と、4回戦で第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同9位)と、準々決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同6位)との対戦が見込まれる。

前哨戦として「ノベンティ・オープン」(ドイツ・ハレ/ATP500)を戦った錦織は、初戦を突破したものの2回戦でセバスチャン・コルダ(アメリカ/同50位)に敗戦。「勝てた試合を逃すのはもったいないが、いいレベルで戦えたから良かったかなと思う」と芝でのプレーに手応えを掴んだとしたものの、「手首に不安がある」とも語っていた。それでも24日には、試合会場で全仏オープン準優勝のステファノス・チチパス(ギリシャ)とも練習をしており、元気な姿を見せている。今大会での最高成績であるベスト8(2018年、2019年)を越えることができるか注目だ。

また、西岡良仁(ミキハウス/同57位)は第28シードのジョン・イズナー(アメリカ/同33位)、杉田祐一(三菱電機/同110位)はリシャール・ガスケ(フランス/同55位)との対戦が決まった。

第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、ワイルドカードのジャック・ドレーパー(イギリス/同250位)と対戦。同じトップハーフに入った第3シードのチチパスは、フランシス・ティアフォー(アメリカ/同56位)と初戦を戦う。ボトムハーフでは、第2シードのダニール・メドベデフ(ロシア)が、ヤン・レナード・ストルフ(ドイツ/同45位)と対戦。準々決勝では、4年ぶり9度目の頂点を狙う第6シードのロジャー・フェデラー(スイス/同8位)と対戦する可能性がある。第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同6位)は、予選勝者のタロン・フリークスポール(オランダ/同124位)と戦うことになった。

なお、ラファエル・ナダル(スペイン/同3位)や前哨戦で右手首を怪我したドミニク・ティエム(オーストリア/同5位)は、欠場することを発表している。

<日本人男子1回戦組み合わせ>
錦織圭 vs. アレクセイ・ポピュリン
西岡良仁 vs. ジョン・イズナー
杉田祐一 vs. リシャール・ガスケ

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP