close

2021.06.29

選手情報

土居美咲、4年ぶりのウィンブルドン初戦は日没サスペンデッドに。決着は29日に持ち越し[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

土居美咲の1回戦はファイナルセット4-5で順延

ウィンブルドン大会初日を迎えた6月28日、女子シングルス1回戦に登場した土居美咲(ミキハウス/世界ランク83位)は、予選勝者のクレア・リュー(アメリカ/同120位)と対戦。6-2、3-6、4-5となったところで日没サスペンデッドとなり、翌29日に15番コートの第2試合(日本時間19時に第1試合開始予定)に組まれた。

【画像】ウィンブルドン女子シングルス組み合わせ(ドロー)

今大会、4年ぶり8度目の出場となった土居は、前哨戦として2大会に出場。「bett1オープン」(ドイツ・ベルリン/WTA500)では、予選を勝ち上がり本戦入り。初戦で敗れたものの、翌週に行われた「バートホンブルク・オープン」(ドイツ・バートホンブルク/WTA250)では、2回戦に進出し、試合数を重ねてきた。ウィンブルドンの過去の最高戦績は、2016年にグランドスラムで唯一となる4回戦に進出している。

一方、対戦相手のリューは、ジュニア時代に世界ランク1位に輝いたアメリカ期待の若手。2017年のウィンブルドンジュニアでタイトルを獲得しており、今シーズンは、ITF大会を中心に転戦。着実に結果を残し、キャリアハイとなる120位を記録している。今大会は、予選を勝ち上がり、3年ぶり2度目の本戦入りを果たした。

この日、ウィンブルドンは雨のため屋根のついていない外のコートは、5時間近く遅れてスタート。さらに、土居の前の試合も2時間45分のロングマッチということもあり、土居の試合開始は19時だった。

長い時間待たされた土居だったが、第1セット第1ゲームでいきなりブレークに成功。その後も力のあるフォアハンドでテンポよく攻め込み、リューに気持ちよく打たせることなく第5ゲームもブレークし、6-2でセットを奪った。

だが、第2セットではリューに強打される場面が増えてしまい、第4、6ゲームでブレークを許す。第7ゲームでブレークバックし、第9ゲームでも2度のブレークポイントを握った土居だったが、あと1ポイントが奪えず。3-6でセットを落とし、試合はフルセットへ持ち込まれた。

勝負のファイナルセット、第5ゲームでブレークを許し、リードされた土居は、粘りのプレーでチャンスをうかがうも追いつけず。3-5では、リューにマッチポイントを握られたが、これを防いでサービスキープすると、日没サスペンデッドとなり、決着は翌日に持ち越された。

第2セット以降、リューに攻め込まれる場面も多かった土居。29日の試合再開は、リューのサービング・フォー・ザ・マッチとなるが、この日没順延を生かすことができるか。

【特集】ウィンブルドン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP