close

2021.07.12

選手情報

ダブルスで青山修子/柴原瑛菜がキャリアハイの10位を記録! 大坂なおみは変わらず2位をキープ。7/12付WTA世界ランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ダブルスでトップ10入りを果たした柴原瑛菜(写真左)と青山修子

大坂なおみは変わらず2位。青山修子/柴原瑛菜がトップ10入り

7月12日、WTAは世界ランキングを更新し、大坂なおみ(日清食品)は前回と同じ2位をキープ。その他の日本勢では、日比野菜緒(ブラス)が79位、土居美咲(ミキハウス)が93位となっている。

【画像】WTAランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

2週間にわたって行われた今年3大会目のグランドスラム、ウィンブルドンが幕を閉じ、女子シングルスではアシュリー・バーティ(オーストラリア)が優勝。2019年9月から維持している世界ランク1位を守った。その決勝の相手となったカロリーナ・プリシコワ(チェコ)は、7位にランクインしトップ10に返り咲いている。ちなみにブリシコワは、2016年のUSオープン以来となるグランドスラム決勝進出である。また、グランドスラムで初めてベスト4入りしたアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)は、キャリアハイとなる3位を記録。2位の大坂を371ポイント差で追いかける。

日本勢では、ウィンブルドンを欠場した大坂が前回と変わらず2位にランクイン。2回戦に進出した日比野が6つランクを上げて79位に。4年ぶりに本戦に進んだ土居は、初戦で敗れ93位に落とした。また、ダブルスで東京五輪の出場が内定している青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業HD)が、ペア初となるグランドスラム4強入り。キャリアハイとなる10位を記録している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP