close

2021.07.14

選手情報

フェデラーが東京オリンピック欠場を発表、“ヒザに問題がある”ことも告白

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ウィンブルドンベスト8のフェデラー
ヒザに問題があったことを初めて告白


日本時間7月14日未明、世界ランク9位のロジャー・フェデラー(スイス)がSNSを更新。東京オリンピックを欠場すること、そしてグラスシーズン中にヒザに問題があったことを明らかにした。

【SNS】フェデラー投稿のメッセージをチェック


フェデラーは、SNSに旗手を務めた2008年北京オリンピックの写真と共に、「残念なことに、今回のグラスコート(芝コート)・シーズンでは、ヒザに問題あったため、プレーの妨げになっていました。そのため、東京オリンピック競技大会の欠場を受け入れました。スイスを代表してプレーする機会は、毎回、私のキャリアにとっての名誉であり、ハイライトになるものだっただけにとても残念です。

今年の夏の終りにツアーに戻れるように、すでにリハビリをスタートさせています。スイス代表の成功を祈りつつ、私も遠くの地で頑張ります。いつものように“オップ スュイス(ドイツ語で「行け!スイス」)”」とメッセージを投稿。オリンピック欠場の決断発表、そしてウィンブルドンを含めて芝コートのシーズン中、ヒザに問題があったことを明らかにした。


フェデラーは昨年の全豪オープン後、右ヒザのケガで戦線を離脱。2度の手術を経て今年3月、ATP250ドーハ大会で一度復帰。しかし2回戦で敗れると「再度トレーニングに戻る」と表明。5月、クレー大会のATP250ジュネーブ大会で復帰すると、全仏オープンに出場し、3回戦を勝ち抜いたところで大会を棄権する。そして6月、ATP500ハレ大会に出場後、復帰を目指すにあたっての「GOAL(目標)」と位置づけていたウィンブルドン(6月28日〜7月11日/イギリス)に出場。

1回戦のアドリアン・マナリノ(フランス/同41位)戦では、先に2セットを奪われる展開となったが、相手の棄権という形で勝利。2回戦でリシャール・ガスケ(フランス/同56位)にストレート勝利、3回戦のキャメロン・ノリー(イギリス/同34位)[29]に3-1、4回戦のロレンツォ・ソネゴ(イタリア/同27位)[23]をストレートで下してベスト8に進出。そして第14シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同18位)との準々決勝は、チャンスを生かすことができずに敗戦した。


ベスト8に終わった記者会見では、「数日をかけて話し合って(今後について)決めるよ」「遅かれ早かれ、家族やチームと話し合って発表すると思う」と発言。加えて「私の決断は一つ、最も快適と思える場所を選ぶことだ。ここを離れることも。いや、そうならないように願っているよ。もちろん、目標は(笑) プレー続行だ」と語っていた。

“今年の夏の終りにツアーに戻れるように”リハビリを開始しているというフェデラーにとって、次なる目標は8月30日から開始予定のグランドスラム、USオープンとなるようだ。

【画像】ウィンブルドンでのフェデラーをチェック


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP